GRIIIのハイコントラスト白黒。日常がドラマチックに

最強のスナップシューターと名高い、RICOHのGRIII(GR3)。

携帯性と速写性、高解像度を兼ね備えたカメラですが、忘れてはいけない魅力の一つがモノクロ。

特に、ハイコントラスト白黒で撮影した写真は荒々しくクール。何気ない日常がドラマチックになります。

目次

GRIII 4つの白黒設定

ハードモノトーンで撮影した写真

GRIIIには、4つのモノトーン白黒設定があります。

  1. モノトーン
  2. ソフトモノトーン
  3. ハードモノトーン
  4. ハイコントラスト白黒

この4つのうち、今回紹介するのはハイコントラスト白黒で撮影した作例です。ハードトーンよりさらにコントラストが強いのが特徴で、荒々しい印象的な写真が撮れます。

GRIII ハイコントラスト白黒の作例

ここからはハイコントラスト白黒で撮影した作例を並べていきます。写真は全てJPEG撮って出しです。

GRIIIがどのような白黒写真を、デフォルトの設定で叩き出すか参考にしてもらえればと思います。

日常をドラマチックに撮ろう

撮影していて感じたのは、高層ビルや工事現場、道路などの無機質な風景と相性がいいということ。カラーで撮影すると大したことない写真が、ハイコントラスト白黒だと、ドラマチックで意味ありげに写ります。

逆に言えば、腕がなくても、なんかいい感じの写真が撮れてしまうので頼りすぎには注意。黒がかなりつぶれるので、好みがわかれるかもしれません。

ただ、森山大道のような荒々しいストリートスナップが好きならハマります。写真にマンネリ気味な人も、GRIIIで日常をドラマチックに撮ろう。

あわせて読みたい
ブログ用にRICOR GR3買ったので作例を紹介
ブログ用にRICOR GR3買ったので作例を紹介ブログ用にリコーのGR3(GR III)を購入して、もうすぐ3か月。手のひらに収まるほどコンパクトなのに、超高画質。旅先での撮影だけでなく、何気ない日常生活を切り取る...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる