GCQに戻ったマニラ。病院はキャパオーバー

8月19日から再びGCQにロックダウンが緩和されたマニラ首都圏。

しかし、感染者数は毎日4千人以上とハイペースで増加。週末の様子を振り返ります。

目次

コロナで病院もキャパオーバー

BGCにあるセントルークスメディカルセンター(St. Luke’s Medical Center)。

フィリピンでもトップの病院ですが、コロナ患者で満室という看板が出ていました。先週まではなかったのでかなり驚く。

セントルークスメディカルセンターは外国人も利用する大規模な病院ですが、それがコロナの患者で満室となるとどこに行けばいいのか。

一般のフィリピン人が利用する病院は以前から医療崩壊状態でしたが、ついに高級病院もコロナの患者を受け入れる余地がなくなりました。こうなったら感染しないよう徹底して予防するしかない。

GCQに戻り移動の規制も緩和されました。BGCの各入り口に設けられている検問所も形だけ。検疫パスも不必要に。

好奇心からすこし歩いてみましたが、物乞いのホームレスが何人もいてすぐ引き返す。コロナ下での厳しい状況を目の当たりにすると、不用意にうろつくのは控えた方がいい。

フェイスシールドが義務化

ここにきてマスクだけでなくフェイスシールドの着用も義務化されました。ドラッグストアに入ろうとすると、フェイスシールドがないので入店拒否。

すこし前まではコンビニでも売っていましたが、商業施設でのフェイスシールド義務化のニュース発表以来、在庫切れの状態が続いています。

ただ、フェイスシールドなしでも入店できる店もあり、義務化とはいえ着用していない人も多く、形骸化している状態です。

店内飲食が可能に

GCQに戻り、店内飲食が可能になりました。営業している店も多く、街に活気が戻りつつあります。

ただ、どの店も空いています。やはり感染を恐れて、外食を自粛している人が多いのでしょう。

夕日が印象的でした。

あわせて読みたい
念願のフェイスシールドを入手。マニラの商業施設では着用必須 コロナ対策の一環として、フィリピンではフェイスシールドの着用が規定されました。 マニラのショッピングモールはフェイスシールドがないと入れなくなり、かなり不便。...
あわせて読みたい
フィリピンに生きる「困窮邦人」の存在に驚愕 フィリピンについて最近知った衝撃の事実が、困窮邦人の存在。 Amzonnで『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という強烈なタイトルにひかれ思わず買っ...
あわせて読みたい
外国人をからかうフィリピン文化 フィリピンに住んでいると様々なことを経験するが、たまに「もしかしてからかわれている?」と感じるときがある。 例えばお店の前でどれを注文しようか悩んでいるときに...
目次
閉じる