写真

【作例】Flektogon 35mm 銘玉と呼ばれたオールドレンズ

ミラーレスカメラの楽しみ方の一つにオールドレンズがあります。

最新技術を駆使して製造された現代のレンズと違い、味のある独特な描写が特徴です。

オールドレンズに憧れてはじめて購入したのが「Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8」。

通称、フレクトゴン35mmです。

標準レンズの定番にして、銘玉と呼ばれたフレクトゴン。

この記事では、ソニーα7 IIに装着して撮影した作例と、実際に使用した感想を紹介します。

「Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8」とは

DSC06208

フレクトゴン35mmは、当時の東ドイツに本拠地を置くカールツァイス・イエナの広角レンズです。

初代が誕生したのが1952年、フレクトゴン35mmは製造された年代別に3つの世代にわけられます。

  • 第一世代 鏡筒がアルミ合金(F2.8)
  • 第二世代 鏡筒がゼブラ柄(F2.8)
  • 第三世代 鏡筒が黒(F2.4)

今回僕が購入したのは、フレクトゴン35mmの2代目です。

ゼブラ柄の鏡筒が特徴で、最短撮影距離18cm。

マクロ並みに寄れる標準レンズとして有名です。

購入したのはヤフオクで、3万弱で落札しました。

マウントアダウターが必要

オールドレンズをミラーレスで使うには、マウントアダプターが必要です。

今回はソニーα7 IIに装着するために、Rayqualの「M42-SaE」を使用しました。

「M42-SaE」はM42マウント用のアダプターで、フレクトゴン35mmはM42マウントです。

このM42マウントとういうのは、カメラとレンズを取り付ける方式のことです。

Rayqualの「M42-SaE」を使えば、ソニーα7 IIにフレクトゴン35mmを装着することができるようになります。

正直安くはありませんが、国産という安心感があります。

「Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8」の作例

ここからは、ソニーα7 IIにフレクトゴン35mmを装着して撮影した作例を紹介します。

作例はすべて、JPEG撮って出しでRAW現像していません。

開放付近で撮った一枚。

オールドレンズならではの柔らかい描写です。

ピンボケっぽくなっていますが、この写真も開放付近で撮りました。

左上にフレアが出て、背景のボケもぐるぐるしています。

全体的に優しい描写です。

このふんわりした感じは、オールドレンズにしか出せない味ですね。

マニュアルフォーカスなので、開放でのピント合わせが難しく若干手こずります。

ただ、このアナログ感が逆に新鮮で、写真を撮っているという実感が湧きます。

オールドレンズなので、周辺減光も激しいです。

開放付近で撮ると、顕著に四隅が暗くなります。

それはそれで味があって、好きな人もいるでしょう。

最近のレンズでは、ここまで周辺は暗くならないですね。

F8ぐらいで撮った一枚です。

ちゃんと絞り込めば、キリッとした解像感も得られます。

オールドレンズの弱点は逆光です。

フレクトゴンも例外ではなく、逆光で撮ると必ずフレアとゴーストが発生します。

ただ、いい感じにフレアが入ると、写真を印象的にしてくれるのも事実です。

フレクトゴン35mmは、マクロ的にも使えます。

数値上では最短撮影距離18cmで、この写真よりもっと寄れます。

オールドレンズで料理の写真とか撮りたい人には最適です。

ただ、開放で寄り過ぎると、ボケすぎてよくわからない写真になるので注意です。

「Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8」 を使用した感想まとめ

実際にソニーα7 IIにフレクトゴン35mmを装着して撮影した作例などを紹介しました。

はじめてのオールドレンズでしたが、独特の柔らかい雰囲気にハマりました。

もちろん絞れば解像しますが、ドリーミーな雰囲気が好きで開放ばかりで撮っていました。

ボケ方もランダム感があり、失敗したと思ったら、不思議な一枚が撮れていたりという驚きもあります。

こういう偶然性が、最新のレンズにはないオールドレンズの魅力です。

35mmでしかも寄れるので、はじめてのオールドレンズとして最適だと思います。

【作例】ライカQを購入して後悔はなし。ブログに最適です

【作例】Nikon FM10というフィルムカメラを使ってみた

ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。