ビズメイツを継続して1ヶ月。感想とデメリット

ビズメイツを継続して1ヶ月。

仕事終わりにレッスンを受けて、基本的に毎日受講してきました。

最初の節目ということで、受講した感想やデメリットなどを書いてみます。

目次

ビズメイツを継続して1ヶ月の感想とデメリット

ビズメイツを継続して1ヶ月。仕事で英語を使うので、ビジネス英語を学ぶために始めました。今は初級レベルで内容も難しくなく、順調にレッスンをこなしています。

まだ1ヶ月なので、それほど効果が感じられるわけではありませんが、スピーキングに重点を置いたレッスンは中身が濃く、英語で話す力は確実に鍛えられます。

レッスン内容と仕事が関係ないときがある

ビズメイツをやっていて感じるデメリットの一つが、レッスン内容が実際の仕事と関係ないときがあること。僕の仕事は映像系ですが、レッスン内容がマーケティングについてだったり。また、出張がない仕事なのに、出張について話さないといけなかったり。

そういう場合は、将来いつか役に立つだろうと思ってレッスンを受けています。もちろん、会社のルールやモチベーションの管理など、誰にでも当てはまるトピックもあるので、割り切るしかないですね。

講師に当たり外れがある

講師にも当たり外れがあります。基本的に質の高い講師が多いですが、中には合わないなっていう人もいました。毎回新しい講師を選ぶので仕方がないのですけどね。

ただ、熱心な講師が多いので、英語を学ぶモチベーションはアップします。自分に合った講師を何人か見つけて、そのたちについていくのが一番です。

今後の課題と目標

予習復習をする

1ヶ月やってみた課題として、予習復習がほとんどできていませんでした。単にめんどくさいという理由で、すっぽかしていたのですが、レッスンを最大限有効活用するためにも予習復習は必須。

次回のレッスンからは、どんなに忙しくても最低10分はやろうと思います。今は初級レベルなので、予習なしでもレッスンについていけていますが、レベルが上がるにつれ知らない単語も出てくるでしょう。今のうちから、しっかり予習復習の癖をつけたい。

予習なら、事前に知らない単語を調べる、質問に対する回答を考えておく、新しい表現を覚えてレッスンで使うなど。復習は、講師がくれたフィードバックに目を通しておく。

LとRの発音

レッスン後に何回か指摘を受けたのがLとRの発音。よくごっちゃになっているようなので、しっかり区別して発音するようにしたい。話すことに意識を向けすぎると、どうしても発音がおろそかになるので、うまくバランスがとれるように。

無意識でLとRの発音を区別できればいいのですが、なかなか難しい。LとRに関しては、発音よりリスニングの方が難しいと思っていて、いまだに聞き分けられないです。

半年は続けたい

まずは半年間は続けていきたいです。振り返るとオンライン英会話で、半年間続けたことはなかったので。今回は、こつこつ継続することを習慣にして、半年、1年と続けていきたいです。

それと今日のレッスンで印象的だったのが、コロナの影響で講師の本業が完全に停止してしまっているということ。仕事について話しているときの、寂しそうな表情が忘れられないです。

ただ、こういう何気ない出会いや会話が刺激になり、人生が豊かになるのがオンライン英会話のメリットでもあります。ビジネス英語だけでなく、講師との関わりを通しても学ぶことがあります。

>> ビズメイツの無料体験はこちら

あわせて読みたい
レアジョブvsビズメイツ。ビジネスコースを1か月受講した感想
レアジョブvsビズメイツ。ビジネスコースを1か月受講した感想ビジネス英語が学べるオンライン英会話と言えば、レアジョブとビズメイツ。実際どっちがいいのか、1か月間両社のレッスンを受講した感想を紹介します。結論から言うと、...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる