世界的に希少なエクセルサ種のコーヒー豆を買ってみた

フィリピンがコーヒーの生産国と知って以来、すっかりローカルコーヒーにハマっている。

先週末はマニラのとあるカフェに行って、エクセルサ種という世界的に希少なコーヒー豆を買った。

目次

世界的に希少なエクセルサ種とは

エクセルサ種は、リベリカ種の一種とされるコーヒー豆。

リベリカ種は、アラビカ種、ロブスタ種とともに三代品種に数えられるが、流通量はわずか数%。

そんなリベリカ種に分類される希少な豆が、エクセルサ種。

お店で売っているのを見たときはかなり驚いたし、コーヒー好きでも知っている人は少ないと思う。

エクセルサ種の生産国フィリピン

世界的に珍しいエクセルサ種だが、その生産国の一つがフィリピン。

古くから国内で流通するリベリカ種と同じく、主にバタンガス州とカビテ州で栽培されている。

フィリピン国内ではロブスタ種7割、アラビカ種2割、残りをリベリカ種とエクセルサ種が占め、主要4品種を生産する数少ない国の一つ。

バタンガス産エクセルサ種

こちらがCafe de Lipaというマニラのローカルカフェで購入したエクセルサ種。

首都マニラの南に位置するバタンガス産の豆で、250グラムで195ペソ(約420円)。

製造元は、NUEVO COMIENZO INC.というバタンガス州リパにある会社。

Cafe de Lipaではエクセルサ種だけでなく、リベリカ種で有名なバラココーヒーも取り扱っている。

袋を開けると、フルーティーな香りが漂う。

パラミツ(英語でジャックフルーツ)という東南アジアで栽培されているフルーツに香りが似ていると言われる。

豆は丸っこくてピーベリーという丸い種子に似ている。

気になる味は、口当たりのいいビターな甘み。ほのかな酸味もある。どことなくマンデリンに似た土っぽい香りがする。

日本ではなかなか買えないエクセルサ種。フィリピンのお土産としてもいいかも。

あわせて読みたい
フィリピンを代表するバラココーヒーとは? 日本ではあまり知られていないが、フィリピンはコーヒーの生産国である。 古くはスペイン植民地時代から栽培されていて、最も伝統的なのが「バラココーヒー」。 タガロ...
あわせて読みたい
フィリピンのサガダコーヒーを飲んでみた 最近フィリピンのコーヒーにハマっていて、休日に足を運んだローカルカフェ。 そこで初めて飲んだのが、サガダ(Sagada)コーヒー。 ルソン島北部の山岳地帯で生産され...
あわせて読みたい
コーヒーを勉強するために読んだ本まとめ|初心者向け コーヒーについて勉強し直したいなと思い、巷で評判のコーヒー本を何冊か買って読んでみました。 専門的な本を読むのは10年ぶりで、大学生のときに読んだ『コーヒー「こ...
目次
閉じる