世界的に希少なエクセルサ種のコーヒー豆を入手

フィリピンがコーヒーの生産国と知って以来、ローカルコーヒーにすっかりハマっています。

先週末もマニラのカフェに行ったのですが、珍しいコーヒー豆を買いました。

エクセルサ種という世界的に希少なコーヒー豆です。

目次

世界的に希少なエクセルサ種とは

エクセルサ種は、リベリカ種の一種とされるコーヒー豆です。

リベリカ種は、アラビカ種、ロブスタ種とともに三代品種に数えられますが、流通量はわずか数%。

そんなリベリカ種に分類される希少な豆が、エクセルサ種です。

お店で売っているのを見て驚きましたし、コーヒー好きでも知っている人は少ないと思います。

エクセルサ種の生産国フィリピン

世界的に珍しいエクセルサ種ですが、その生産国の一つがフィリピンです。

古くから国内で流通するリベリカ種と同じく、主にバタンガス州とカビテ州で栽培されています。

フィリピン国内の生産量でいうと、ロブスタ種7割、アラビカ種2割、残りをリベリカ種とエクセルサ種が占め、主要4品種を生産する数少ない国の一つ。

フィリピンの代表的なアラビカ種は、サガダやマウントアポ。リベリカ種は、バラココーヒー(カペンバラコ)が有名です。

意外と知られていませんが、フィリピンは珍しいコーヒーを生産している国。フィリピンに来て初めて知りました。

あわせて読みたい
【初体験】フィリピンのスペシャリティコーヒー サガダを飲む
【初体験】フィリピンのスペシャリティコーヒー サガダを飲む最近フィリピンのコーヒーにハマっていて、休日に足を運んだローカルカフェ。そこで初めて飲んだのが、サガダ(Sagada)コーヒー。ルソン島北部の山岳地帯で生産されて...

ローカルカフェで購入したバタンガス産エクセルサ種

こちらが、Cafe de Lipaというマニラのローカルカフェで購入したエクセルサ種。首都マニラの南に位置するバタンガス産の豆で、250グラムで195ペソ(約420円)と格安。

製造元は、NUEVO COMIENZO INC.というバタンガス州リパにある会社。

ちなみに、Cafe de Lipaではエクセルサ種だけでなく、リベリカ種で有名なバラココーヒーも取り扱っていいます。

袋を開けると、フルーティーな香りが漂います。パラミツ(英語でジャックフルーツ)という東南アジアで栽培されているフルーツに、香りが似ていると言われます。

豆は丸っこくて不揃いな感じ。小粒な豆も多く混じっていて、ピーベリーという丸い種子に似ている気がします。

最近買ったハリオの木製ミルで豆から挽いてみました。

口当たりのいいビターな甘みが特徴で、ほのかな酸味のキレのある後味。どことなくマンデリンに似た土っぽい香りがあって好きなコーヒーです。

日本ではなかなか買えないエクセルサ種のコーヒー豆。リベリカ種のバラココーヒーとともに、フィリピンのお土産としておすすめです。

あわせて読みたい
フィリピンを代表するバラココーヒーとは?
フィリピンを代表するバラココーヒーとは?日本ではあまり知られていませんが、フィリピンはコーヒーの生産国です。古くはスペイン植民地時代から栽培されていて、フィリピンを代表するコーヒーが「バラココーヒ...
あわせて読みたい
ハリオの木製手挽きコーヒーミル・コラムを購入。アンティークでおしゃれ
ハリオの木製手挽きコーヒーミル・コラムを購入。アンティークでおしゃれフィリピンに来てから、ずっと買おうと思っていたコーヒーミル。もともとハリオのセラミックミルを買うつもりが、アンティークなデザインにひかれ木製ミルを購入。この...

この記事を書いた人

散歩と写真、コーヒーが好き | 内向的なHSP | 孤独を愛するソリタリー | 油断すると10時間以上寝るロングスリーパー。

目次
閉じる