【エポスカード】海外キャッシングの繰り上げ返済を安く済ませる方法

エポスカードで、海外キャッシングを利用しました。

無駄な利息を払いたくなかったので、繰り上げ返済について調べていると、一番安く済む方法は電話申し込み。

しかし、この方法がすこし面倒。

海外から日本のカスタマーセンターに電話する必要があり、指定された口座に自分で振り込まなければなりません。

もちろん海外からの電話料金と、振り込み手数料がかかります。

下手したら、それだけで利息よりお金がかかってしまうということになりかねません。

今回はできるだけ安く済ませる方法を紹介したいと思います。

※海外から繰り上げ返済するならネット銀行は必須です。

実際に海外キャッシングした金額と利息

日本円にして95,000円ほどキャッシングしました。

これを口座引き落とし日まで待つと、利息だけで1,000円以上かかることが判明。

無駄な支払いは避けたいので、早急に繰り上げ返済することに。

30日間金利無料サービスがあるが

ちなみに、今回が初めてのキャッシング。

エポスの30日間金利無料サービスが自動的に適用されましたが、それでもこの金額。

無料サービスがなかったら倍以上になっていた模様。

このエポスのサービス、はじめてキャッシングした日から、30日間なら何度キャッシングしても利息無料。

一見お得に見えますが、利用開始日によっては口座引き落とし日まで待つと利息が発生するので注意が必要。

気になる人はエポスの公式サイトでキャッシングのシミュレーションをすることができます。

30日間金利無料サービスのあるなしで、利息を確認できます。

キャッシング ご返済シミュレーション

海外キャッシングの繰り上げ返済の流れ

実際に、エポスカードで海外キャッシングをしたときの繰り上げ返済の流れについて。

まず、エポスのカスタマーセンターに電話して、海外キャッシングの繰り上げ返済をしたい旨を伝えます。

本人確認で住所とカード番号をきかれるので、手元に用意してすぐ答えられるように。

本人確認が済むと、振り込み日をきかれ、それをもとに返済金額が算出されます。

そして、振り込み先の銀行・口座番号を教えられ、指定した日時までに振り込めば繰り上げ返済完了です。

 

ここで問題なのが、海外から繰り上げ返済する場合、国際電話料金がかかってしまうこと。

どうすれば電話料金を安く済ませられるか。

いろいろ調べた結果、「LINE Out」を利用するのが一番安いと判明しました。

国際電話は「LINE Out」を利用するのがお得

「LINE Out」とは、LINEが提供する電話サービスのこと。

みなさんご存知の「LINEの無料通話」とは違い、固定電話に直接電話することできるのが特徴。

つまり、相手がLINEに登録しているかどうかは関係なく、しかも海外から日本に電話することもできます。

しかも、一般的な国際電話に比べると通話料金も格安。

今回のように海外から日本の固定電話にかけた場合は1分で3円。

実際に電話した時間は8分間でしたが、たったの24円でした。

一般的な国際電話料金だと1分で200円ぐらいかかるので、かなり節約になりました。

振り込み手数料無料のネット銀行でさらに節約

海外からキャッシングの繰り上げ返済をする場合、ネット銀行が必要です。

日本にいればATMから返済できますが、海外からだとネット銀行以外に方法はありません。

ネット銀行のなかでも、振り込み手数料無料のサービスがあれば、さらに節約になります。

僕は住信SBIネット銀行を利用。

24時間、他行宛振込手数料無料なので、持っていると非常に便利です。

最終的に、海外キャッシングの繰り上げ返済にかかった金額は、「LINE Out」の通話料24円のみでした。

まとめ

以上が、エポスカードで海外キャッシングの繰り上げ返済をする流れです。

カスタマーセンターに電話したりとすこし手間ですが、一度覚えれば簡単です。

年会費無料で海外保険もついてきたりと、海外で利用するならエポスカードが最強です。