英語勉強法

【英語】有名なスピーチ7選。リスニングの勉強に最適

有名人のスピーチは英語の学習に最適です。

特に初心者がリスニング力を鍛えるのにはもってこいの教材だと思います。

なぜなら聴衆が聞きとりやすいように話すのが基本だからです。

日常会話と違い、

  • スポードが速くない
  • 発音が分かりやすい

という特徴があり、英語初心者にぴったりです。

また分からなければ字幕も確認できるので意味もしっかり確認できます。

しかも著名人のスピーチには、成功の知恵が詰まっています。

今回は英語の学習に最適な有名スピーチをまとめてみました。

英語の勉強になるだけでなく、もしかしたら人生を変えるきっかけになるかもしれないですよ。

スティーブ・ジョブズ

アップルの創始者である故スティーブ・ジョブズのスピーチ。

2005年にスタンフォード大学の卒業式で行われました。

数あるスピーチの中でも、もっとも影響力のあるスピーチといっても過言ではありません。

特に、「ハングリーであれ。愚か者であれ」という言葉はあまりにも有名ですね。

スピーチは決して裕福ではなかった生い立ちから始まります。

養子として育てられた過去、大学を中退、アップルを創業するも解雇、ガンの宣告。

激動の人生を生き抜いてきたジョブズの言葉は説得力に満ちあふれています。

マーク・ザッカーバーグ

Facebookの創始者であるマーク・ザッカーバーグのスピーチです。

2017年にハーバード大学の卒業式で行われました。

母校でのスピーチとあって、彼のハーバードでのエピーソドが出てきます。

フェイスブックの元となるフェイスマッシュを立ち上げたときの話や、そのパーティーで妻のプリシラと出会った話など。

そして、彼は人生で目的を持つことの大切さについて述べます。

特に若い人には必見のスピーチです。

ウィリアム・マクレイヴン

アメリカ海軍大将のウィリアム・マクレイヴンのスピーチです。

2014年にテキサス大学オースティン校の卒業式で行われました。

スピーチのデーマは、世界を変える方法。

ネイビーシールズ(アメリカ海軍の特殊部隊)での経験をもとに、世界を変えるにはどうしたらいいか語っています。

非常に具体的で説得力のあるスピーチで、厳しい世界で培ってきた彼自身の人間力を垣間見ることができます。

ドリュー・ヒューストン

Dropboxの創業者ドリュー・ヒューストンのスピーチです。

2013年にMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業式で行われました。

自身のDropbox成功の経験を語りながら、成功のための秘訣を語っています。

特に、「人生は30000日しかない」という事実を聞いた時はドキッとしました。

また好きなこと、夢中になれることをする仕事にする大切さも教えてくれます。

人生に悩んでいる人には、特におすすめのスピーチです。

マット・デイモン

俳優のマット・デイモンのスピーチです。

2016年にMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業式で行われました。

秀才として有名な彼はハーバードに通っていた過去があり、母親も大学教授をしています。

ナタリー・ポートマン

女優のナタリー・ポートマンのスピーチです。

2015年にハーバード大学の卒業式で行われました。

自身のハーバードでの学生時代を振り返りながら、女優と学業の両立の苦労など興味深いエピソードにあふれています。

また日本の寿司屋で、めちゃくちゃ美味しい寿司を食べた経験が語られていてちょっと嬉しくなります。

ファンにとっては必見のスピーチです。

もちろんファンじゃなくても、彼女のスピーチを聞けばきっと好きになること間違いなしです。

デンゼル・ワシントン

俳優のデンゼル・ワシントンのスピーチです。

2015年にディラード大学の卒業式で行われました。

今ではハリウッドを代表する大スターですが、もともと優秀でなかったデンゼル・ワシントン。

そんな彼の経験をもとに、人生で大切なことを何か語っています。

  • 人生は一度きり、好きなことをしよう
  • 失敗を恐れるな
  • 神様を敬うことの大切さなど

彼の言葉はとてもパワフルでエネルギッシュで前向きなパワーにあふれていて、見ているだけでモチベーションが上がります。

一見の価値ありです。

まとめ

英語の有名なスピーチを7つ紹介しました。

リスニングの勉強になるだけでなく、人生を生きる上での大切な知恵も学べます。

フレーズを暗記するぐらい繰り返し見れば、英語力も間違いなくアップします。

英語は発音が命!おすすめのYouTube動画5選英語の発音は、死ぬほど大事です。 発音が間違っているため、言いたいことが伝わらないことは日常茶飯事。 カフェでホット・チョコ...
ABOUT ME
Kenta
Kenta
写真・カメラ・映像制作。ワーホリ→セブ島留学→海外就職。時間と場所に縛られずに生きる。 お問い合わせはこちら
こちらの記事もおすすめ