BGCのフォートストリップで遊ぶ。フィリピーナが連れてきた友達がまさかの…

先々週、BGCのフォートストリップで遊んできた。

バーやレストランが密集するエリアで、週末になると若者であふれるナイトスポット。

マッチングアプリで知り合ったフィリピーナと飲みに行ったわけだが、連れてきた友達がまさかの…

目次

BGCのフォートストリップでフィリピーナと飲む

土曜日の夜9時過ぎ。この日行ったのは、brick & mortarというバー。フォートスリップの裏手に店を構える。

ご覧の通り店内はほぼ満席、平日のストレスを発散するかのようにみんな騒いでいる。

店内は吹き抜けになっていて、せっかくなので2階席に座ることに。

相手はマッチングアプリで知り合ったフィリピーナ、20歳。大学を中退して役所関係の仕事をしているという。派手な見た目からは想像できない。

会うのは2回目、前回連れてきた友達が可愛かったのでまた会えるかなと期待していたが、まさかの別の友達を連れてきた。

しかも、従兄弟らしい(韓国とフィリピンハーフとのこと)。

細かいことは気にせずに乾杯。最初なんでもいいと言うのでサンミゲルライトを頼んだが、弱いお酒じゃ楽しめないらしく、モヒートになった瞬間テンションが上がる2人。わかりやすい。

誕生日パーティーで、アホみたいにお酒を飲んでいるTikTokの動画を見せられたが、飲みっぷりが豪快すぎてちょっと引いた。フィリピーナは結構酒豪が多い。

2人ともTikTokをやっていて、従兄弟の方は15,000人ぐらいフォロワーがいる。またゴリゴリのヒップホップが好きらしく、従兄弟はヒップホップグループのミュージックビデオにも出たりしてる。

ちらっと見た感じ、いかついフィリピーノの友達がいっぱいいて、下手に手を出したら殺されるかもしれない。大学で日本語の授業をとっていると言って、練習中のひらがなのノートを見せられたっけ…。

ちなみに乾杯するときは「ショップノー」と言うよう強制される。グラスを空けるという意味で、若いっていいなあって思う。

1階は相変わらずこの盛り上がりよう。DJがいて大音量で音楽がかかっていてクラブみたいになっている。ソーシャルディスタンスとかもはや関係なし。

2階にはビリヤードテーブルがある。白人のおっさんがずっとプレイしていた。

奥にはダーツも用意されている。

最終的にはみんな立って踊り始める。

従兄弟の方はおしゃべりで一人でずっと喋っている。「ハッピー?」と聞かれ、なんのこっちゃと思っていると「ライクジョリビー!」と言わなければいけないらしい。思わず笑ってしまった。

それなりに飲んで踊ったところでお会計。サンミゲルライト9本、モヒート6杯、その他フードを注文して合計3500ペソ。1人約1200ペソ(2500円)だが、クラブに行ってテーブルで飲んだと考えると高くないかも。

モヒートは1杯250ペソで、2杯頼むと1杯無料でもらえるシステム。ただ、フードはいまいちだったなあ。

さりげなくマルボロを注文してたが、フィリピーナは20代でもタバコを吸う子が多い。電子タバコを吸っている子も結構いる。

店を出たのは12時過ぎだったが、店内はまだ人がたくさんいる。

brick-and-mortar。直訳するとレンガをつなぐモルタルのことだが、実店舗という意味もあるらしい。

それにしても韓国人の若者が多い。次いで中国人、日本人の若者はほとんど見ない。

白人、黒人もちらほら。

目の前は駐車場になっていて、通り沿ってバーやレストランが並んでいる。ここの一角だけあきらかに明るい。

すでに深夜12時をまわってるが、どこの店もほぼ満席。

向かいのビルは明かりがついて、ナイトシフトで働いている人がいる模様。

OGAWA、Katsu、Wasshoiなど日本食レストランも何軒かある。

こっちの反対側にもレストランやバーがある。

Romantic Baboyという人気の韓国式焼肉店。

斜向かいにはフォートストリップという建物。

レストランやバーが入っていて、中はこのありさま。

人多すぎ。

シックな感じのバーもあるが、基本的にどこもうるさい。ゆっくり飲みたい人には向いていない。

こっち側にも駐車場がありほぼ満車。車で来ている人が多い。

フィリピーナが連れてきた友達がまさかの…

そしてここからは日曜日。家でダラーっとしてると、知らない女の子からメッセージが届いた。

「マッチングサイトであなたのことを見つけた。退屈だったのでメッセージを送った」

いきなりメッセンジャーに送って来るのは珍しいと思いつつ話を聞いてみると、退屈でしかたないので飲みに行きたいとのこと。

昨日も飲んだしなあと思いつつ断るのもあれだったので、再びBGCで飲むことに。友達を連れて行きたいと言うのでOKすると、彼女から衝撃のメッセージが届く。

「友達があなたのことを知っている」

「え?」と思いどう言うことか聞いてみると、なんとその友達が昨日一緒に飲んだ従兄弟(韓国とフィピンのハーフ)だった…。

世間の狭さに驚きを隠せないが、彼女はOKなのか聞いてみると、さすがにショックを受けているとのこと(ちなみにメッセージをしてきた子は土曜日の子とは面識はない)

もし土曜日の子がこのことを知ったら怒るので、絶対言わないよう釘を刺される。というかフィリピンの世間の狭さに恐怖を感じた。

そして再びフォートストリップで待ち合わせ。どんな顔で来るのかなと思ったら、満面の笑みでやって来て拍子抜け。さすが陽気だわ。

今回は正面のRomantic Islandというバーにいくことに。

ただ店内に入るのにボトルを一本注文しなければならず、一番安いバカルディスペリオール(1200ペソ)を注文。

店員のタトューがいかつい。割るのはコーラ。

土曜日見たときは満席だったが、日曜日なので店内は空いてる。というか席がふわふわで座り心地がめちゃくちゃいい。

店内の雰囲気もなかなか。

ここの店もDJがいてクラブみたいになっている。

爆音で音楽がかかっていて、ゆっくり話すには向いてない。

外で飲むならボトルを注文する必要はないが、あいにく満席。

音楽がすこしうるさいが、ソファ席なのでゆっくりできるのはポイントが高い。

ビアポンというゲームでも遊べる。相手のカップにボールを入れて負けたら飲むというやつ。

とりあえずやってみる。

途中別のグループの中国人とフィリピン人に絡まれたが、なんだかんだ楽しかった。日曜日でそこまで混んでなかったし。

合計2860ペソ。ということで、フィリピーナが連れてきた友達が、まさかの知り合いだったというオチ。

フィリピン人は友達が多いが、まさかこんなに世間が狭いとは思わなかった。

目次
閉じる