CGデザイナーは絵が下手でもなれる。ただし職種による

CGデザイナーは絵が下手でもなれる。

画力がなくても働いている人はたくさんいる。

ただ、一口にCGデザイナーといってもさまざまな職種がある。

最低限の画力がないと、仕事として務まらない職種があるのも事実。

では絵が下手でもなれる職種は何か。

実際のCG会社の求人をもとに紹介する。

絵が下手でもなれるCGデザイナーの職種

まずはCGデザイナーと呼ばれる職種について紹介。

日本屈指のCGプロダクション、ポリゴン・ピクチュアズの募集職種を例に出す。

  • モーショングラフィックスアーティスト
  • モデラー
  • リギングアーティスト
  • シミュレーションアーティスト
  • アニメーター
  • レイアウター
  • エフェクトアーティスト
  • 原図アーティスト
  • ショットアーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • エディター
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

このように少なくとも13の職種があることがわかる。

この中で絵が描けないとなれないのは4つ。

  • 原図アーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

逆に言えば、それ以外の職種であれば絵が描けない、下手でもなることは可能。

もちろん関連職種についてのスキルがあるなどの最低条件を満たしていればだが。

つまり、CGデザイナーは絵が下手、描けなくてもなれる。

しかし職種によっては絵が描けないと、なれないというのが結論。

したがって大切なのは、自分がどの職種に就きたいかということ。

3DCGデザイナーというゼネラリスト

海外や大手プロダクションでは職種が細分化されてる一方、小さな会社では3DCGデザイナーというゼネラリストでの求人が多い。

モデリングからアニメーション、エフェクト、コンポジットまで、CGに関わる作業を一人でこなすのが、3DCGデザイナーというゼネラリスト。

その場合も画力は必須ではなく、CGに対する幅広い知識と3DCGソフトを自由自在に使いこなす能力が求められる。

絵は下手でもなれるが、観察力は必須

全般的にCGの仕事では、画力より観察力が求めらるケースが多い。

説得力のあるCGを作るためには、現実世界を注意深く観察する力と、それを実際にCGに落とし込む力が必要になる。

観察力を磨く方法としてデッサンが有名だが、必ずしもデッサンがうまい必要はない。

むしろデッサンを通して、CGに不可欠なライティングや画づくりについて学ぶことが大切。

必ず仕事で役立つ日が来る。

まとめ

CGデザイナーは絵が下手でもなれるが、職種によっては絵が描けないと厳しいというのが結論。

重要なのは自分がどの職種になりたいかで、その職種の募集要項を満たすために勉強すること。

またCG制作の仕事は観察力が必須。

画力を鍛えるより、ライティングや画づくりについて勉強しておく方が実践的で役に立つ。