DMMモバイルのSIMサイズ変更にかかる日数について

DMMモバイルでSIMサイズの変更を申請しました。

HUAWEI P20 Liteに機種変更するのに、マイクロSIMからナノSIMに変更しなければならず。

DMMモバイルのマイページから、SIMサイズ変更を申請、SIMカードが届いたのは申請してから4日後でした。

目次

DMMモバイルでSIM交換の申請をする方法

DMMモバイルのマイページにログインし、画面左のメニューから「ご契約内容変更」をクリックします。

すると「ご契約内容の変更」が表示されるので、右下の「SIMカードのサイズを変更する」をクリック。

「変更する・再発行」にチェックを入れて、SIMカードのタイプを選択します。

最終確認として「変更内容確認」の画面が表示されます。

料金は合計3,384円(2018年11月現在)。

  • SIMカード再発行手数料 3,000円
  • SIMカード準備料 394円

これで問題なければ、「お申し込み内容を確認する」をクリック。

最後に「本人確認書類の提出」が必要になります。

本人確認のために有効な公的書類は以下のとおり。

  • 運転免許証
  • 健康保険被保険者証
  • パスポート
  • 在留カード、特別永住権証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

上記のうちいずれかを、スマフォのカメラで撮影してアップロードすれば大丈夫です。

その後、DMMモバイル側で公的書類の確認が済んではじめてSIM変更の受付完了となります。

公的書類の確認は、最短で即日〜5日かかるみたいです。

僕の場合、日曜の夜に画像をアップして、翌日の夜に確認完了のメールが届きました。

SIMカードの申請から配達までにかかる期間

mail

公的書類の確認完了のメールが届いてから、ちょうど3日目のお昼にSIMカードが到着しました。

SIMの発送が完了すると、お問い合わせ伝票番号がメールで送られてきます。

このメールによると、メール受信後3日以内での配達となっていました。

東京に住んでいましたが、メールが朝に来て当日の昼にSIMが到着しました。

おそらく、都内から発送しているので、地方だと1〜3日はみておいた方がいいと思います。

到着までにかかった日数を整理すると、

  • 公的書類の確認に1日
  • SIM発送の準備に3日
  • SIM配達に半日

web上での申請から実際にSIMカードが手元に届くまで、約4日かかりました。

不通期間が発生するので注意

Phone

一点だけ注意したいのが、不通期間が発生するとうこと。

不通期間とは新しいSIMカードが発行されてから手元に届くまで、古いSIMカードが使えなくなる期間のことです。

つまり、その間は電話が使えなくなります。

実際に、SIMが手元に届く1日前に突然スマフォが不通になり、丸一日電話サービスが使えなくなってしまいました。

電話もネット回線もつながりません。

もちろんwifiにつなげばネットやメールは可能ですが、電話だけはどうしようもありません。

仕事などで電話を使う人は気をつけたほうがいいでしょう。

予告もなくいきなり緊急通話しか使えなくなるので結構焦ります。

まとめ

以上が、DMMモバイルのSIMサイズ変更の日数や流れについてです。

僕の場合は、申請してから4日後にSIMカードが自宅に到着しました。

また、気をつけたいのが不通期間です。

下手したら数日電話が使えなくなるので、SIMの変更を申請するときは気をつけましょう。

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる