コラム

【トロント】ディッシュウォッシャーの仕事が想像以上にきつい

今日、はじめてディッシュウォッシャーの仕事をしました。

トロントにワーホリで来て2か月、こっちでは初仕事でした。

ダウンタウンにあるローカルのカジュアルレストランで、完全英語環境。

日本人は一人もいない、ある意味理想の職場だったんですが、これが想像以上にきつかった。

イーメープルで求人を見て応募

求人を見つけたのはイーメープルでした。

英語環境のローカルレストランで、ディッシュウォッシャーを募集をしていたので迷わず応募。

レストラン宛に直接、レジュメを添付したメールを送ると、いきなりオーナーから電話がかかってきてびっくりしました。

しかも、自己紹介もそうそうに、いきなり翌日の昼から働くことに。

とりあえず、どんな仕事なのか実際に見てほしいとのこと。

飲食店で働いた経験があるかどうか聞かれたぐらいで、面接のようなものはなし。

おそらく、よほど人手が足りていないらしい。

少し不安でしたが、トロントではじめての仕事にワクワクしました。

おしゃれなローカルレストラン

当日、はじめて店舗を見たんですが、想像以上におしゃれ。

カフェとレストランの間のような店で、雰囲気は抜群。

あとから知ったんですが、地元でもわりと評判の店でした。

店に入って、はじめてオーナーと顔合わせ。

物静かで優しそうな人でした。

働く前に簡単な説明を受ける。

今日はトレーニングで、先輩の横でディッシュウォッシャーの仕事を覚えてもらうとのこと。

そして、次回からは一人で入ってもらうと。

ディッシュウォッシャーは基本的に一人だけだという。

エプロンを身につけて洗い場に入ると、ディッシュウォッシャーをしていたのは小柄な男性。

物静かそうな方で、軽く自己紹介をして、さっそく仕事について教わることに。

ディッシュウォッシャーの仕事内容

ディッシュウォッシャーというぐらいだから、食器を洗うだけかと思っていました。

しかし、食器を洗って片付けるだけでなく、野菜の仕込みやソースの補充、足りない食材の受け渡しなど、やることが盛りだくさん。

これを全部一人でするのは、かなり大変。

店のすべての食器を洗いながら、補充してほしい食材を求められ、野菜もカットしつつ、元の場所に食器を片付ける。

暇なときならまだしも、忙しいときに一人でこなすのはきつい。

しかも、馴染みのない食材やソースばかりで、名前を聞いてもよくわからない始末。

仕事を教えてくれた彼は、いつも一人でこなしていると言っていたが、自分にはきついと感じた。

しかも、たまたま一番忙しい土曜日で、大量に食器やグラスが運ばれてくる。

目の前で、無造作に積み上げられていく、あらゆる種類の食器。

シンクでがむしゃらに洗い、洗浄機に入れて、元の場所に戻すという作業を無心で繰り返す。

大学時代に、居酒屋でバイトをしていたときの記憶が蘇ってきてむなしくなる。

日本のアルバイトとかわらない

「これじゃ、日本でバイトしてるのとかわらないな」と思ってしまう。

周りから聞こえてくるのが英語になっただけ。

本当にただそれだけで、それ以上でもそれ以下でもなかった。

なにをしにトロントに来たのだろう。

大学生のときにやっていたことを、また一からはじめているようで、それがむなしさの原因だった。

確かに、英語環境です。

日本人どころかアジア人もいなかったし、リスニングの勉強にはなるかもしれない。

ただ、仕事内容が仕事内容なので、そこまで英語の勉強になるとは思えなかった。

英語を使いたかったらサーバーか

よく、英語を使いたいなら、ディッシュウォッシャーよりサーバーの仕事がいいと聞きます。

そもそも、サーバーの仕事につくのにある程度の英語力が必要ですが、ジャパレスならチャンスはあります。

後日、僕もジャパレスでサーバーの仕事をしたんですが、日本語環境で一概には言えないなと思いました。

今回のディッシュウォッシャーしかり、店によって仕事や環境が全然違うので、自分に合った店を見つけるまでチャレンジした方がいいです。

ほかでもディッシュウォッシャーはきついと聞きますが、必ずしもそうとは言い切れませんし、一回自分で経験してみるのがいいと思います。

【カナダ】ワーホリで現地就職に失敗した原因を考えてみた2019年3月から半年間、カナダのトロントにワーホリで滞在しました。 目的は一つ、現地就職することでした。 日本で映像系のデ...
ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。