Adobe CCを安く買うならデジハリのAdobeマスター講座がお得

Adobe CCを安く使う方法はいくつかありますが、僕がいつも使っているのがデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座

1年間のAdobe Creative Cloudのライセンスが39,980円(税込)と、公式サイトで買うより25,000円以上安いです。

ほかにも特徴として、

  • 学生だけでなく社会人でも使える
  • 約46時間のオンライン講座つき
  • シリアルコードで最短10分で利用可能

と安いだけじゃなくお得。

僕も5年間毎年更新して使っていますが、なんの問題もなく使え、これからも更新し続けるでしょう。

ということで、Adobe CCを安く購入できるデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座について紹介します。

デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座とは

公式サイトより

デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座とは、デジタルハリウッドが提供する基礎動画教材≪46時間≫と、12か月版のAdobe Creative Cloudがセットになった講座です。

値段は39,980円(税込)で、公式サイトのAdobe CC 65,097円(税込)より、25,000円以上安いのが特徴。

もちろん中身は正規のAdobe CCで、最新のPhotoshop・Illustrator・After Effects・Premiere Proなど全てのアプリケーションを利用できます。

また学生だけでなく社会人でも申し込むことができ、シリアルコード発行で最短10分で利用開始できる。

安い、速い、学べる、誰でも使えるとお得なのが、デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座です。

デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座が安い理由

なぜデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座が安いかというと、アドビ システムズ株式会社の「プラチナスクールパートナー」に認定されているから。

長年、デジタルクリエイティブ教育に貢献してきた実績がアドビに評価され、デジタルハリウッドの学生はAdobe Creative Cloud(学生・教職員個人向けライセンスプログラム)を特別価格で購入できるという仕組み。

そのためライセンスとしては、学生・教職員個人向けになりますが、商用での利用も可能です。

また1ライセンスにつき2台までインストール可能(MacとWinと異なる環境でも可)で、公式のAdobe CCと要件も同じ。

個人利用として5年間このライセンスを使ってきましたが特に問題はなく、公式と同じように使えると考えて大丈夫です。

学生にはなれない

ただ、デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座に申し込んだからといって、デジハリの学生として学割が使えるというわけではないので注意しましょう。

デジハリ・オンラインスクールと文部科学省認可を受けた「デジタルハリウッド大学」は別組織で、Adobeマスター講座のみを受講する場合、学生証の発行や証明サービスは承ってないとのこと。

社会人でも申し込みすることはできますが、正式に学生というステータスを手に入れることはできないということです。

デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座の申し込み方法

ここからはデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座の申し込み方法について紹介します。

といっても、個人情報や支払い方法の入力など約5分ほどで完了します。

まずは公式サイトにアクセスして、右下の「この講座にお申し込み」をクリック。

「講座内容、受講環境、約款を確認しました」にチェックを入れ、「Adobeマスター講座にお申し込み」をクリック。

すると≪キャンセル不可≫のダイアログが出てくるが、そのままOKをクリック。

カートにAdobeマスター講座[Adobe Creative Cloud12ヶ月版付]が追加されます。

下にスクロールし「お客様情報入力画面に進む」をクリック。

次は名前・住所・電話番号などの情報を入力していきます。

支払い方法については次の3種類があります。

  • クレジットカードでのお支払 
  • コンビニエンスストアでのお支払い 
  • 銀行振込みでのお支払

僕は毎回クレジットカードで支払っています。

支払いが完了すると「シリアルコード発行のご案内」のメールがデジハリ・オンラインスクールから届きます。

オーダー番号と一緒にシリアルコード(引き換えコード)が書かれているので大切に保管しておきましょう。

Adobe CCのサブスクリプションを有効化

そしてAdobe CCのサブスクリプションを有効化するために、メールに記載された専用サイトにアクセス。

AdobeIDを持っている人はログイン、持っていない人は新規IDを作成してからログインします。

すると上記のCreative Cloud サブスクリプションのコード引き換えという画面が出てくるので、

  • 氏名
  • 学校名(デジハリ・オンラインスクール)
  • 卒業予定年月(受講開始から3か月後)

を入力して進みます。

そしてメールに記載されているシリアルコード(引き換えコード)を入力。

ちなみにお支払い方法は登録しなくても大丈夫。

ちなみにクレジットカードを登録すると、自動更新となり1年後に正規料金が引き落とされるので注意しましょう。

シリアルコードの入力が完了すれば、その瞬間からAdobe CCを使うことができます。

公式サイトの申し込みからシリアルコードの引き換えまで10〜15分もあれば、Adobe CCを利用開始することができるので便利。

まとめ

ということで、デジハリのAdobe(アドビ)マスター講座について紹介しました。

最後にまとめると、

  • AdobeCC 1年分が、39,980円(税込)
  • 学生だけでなく社会人でも使える
  • 約46時間のオンライン講座つき
  • シリアルコード発行で最短10分で利用開始

と公式サイトで買うより安くてお得。

長年Adobeを使っているクリエイターだけでなく、オンライン講座がついているので初心者にもおすすめですね。

投稿日:
カテゴリー: 雑感