感情的に怒るクラッシャー上司に対する対処法まとめ

感情的に怒るクラッシャー上司っていますよね?

部下の些細なミスに対して、ありえないぐらいの剣幕で怒りをむき出しにしてきたり。

僕も新人の頃は上司に感情むき出しで怒られ神経をすり減らして働いていました。

いま考えると感情的に怒る上司が間違っているのは明らかなんですが、当時はそれがわかりませんでした。

今回はそんな感情的に怒るクラッシャー上司の対処法を、僕の経験から紹介します。

感情的に怒る上司は異常

はじめに感情的に怒る上司は異常だと理解しましょう。

はっきり言ってどんなミスであれ、部下に対して感情をむき出しにするのは普通ではありません。

僕はどんな場面であれ上司が感情をむき出しにして怒鳴るのは間違っていると思います。

そういう上司は周りのことが考えられない人間です。

極端な話ですが、

  • 自分の怒りによって職場の雰囲気が悪くなる
  • それを感じた社員の士気が下がる
  • 生産性が低下し業績の低迷につながる

ということが想像できないんです。職場の雰囲気が悪くなって、社員のモチベーションが下がるのは明らかですよね。

なので、その上司は自分のことしか考えられない子供みたいな人間なんです。

このことを頭に入れておけば、万が一怒鳴られても「あ、この人子供なんだな」と距離をおいて余裕を持って対応できます。

  • 感情的に怒る上司は異常
  • 周りのことを考えられない子供と一緒

ということを肝に命じておくのが大切です。

自分を責めるのを止める

新入社員のときに、運悪くクラッシャー上司に当たったとしましょう。

些細なミスでも、感情むき出しで怒ってきます。

ただ、そこでボロクソに言われても決して真に受けないように。

もしあなたが新人なら仕事ができないのは当たり前なんです。

部下がきっちり仕事ができるように育てるのも上司の仕事です。

もちろん自分のミスはしっかり認めるけれど、感情的に怒られる筋合いはありません。

怒られたからといって決して自分自身を責めないように。特に真面目な人は気をつけましょう。

そういう上司のもとで自分を卑下しながら働いていると100%つぶれてしまいます。

自分を責めるのは今すぐ止める。

実際僕もどうして仕事ができないのかと毎日思い詰めていました。

一旦そう考えるとますます仕事ができなくなり、本来の自分の能力を発揮するのも難しくなります。

僕の経験上この悪循環にハマってしまうと抜け出すのは簡単ではありません。

下手すると半年とか長期的なスパンで、ミスして怒られてを繰り返します。

そして何人も辞めていく部下を目の当たりにしました。

振り返ると感情的に怒る上司が間違っているのは明らかです。

なので、

  • 真面目に受け取りすぎない
  • 自分を責めるのを止める

ということを実践しましょう。

周りから真面目だと言われる人は、すこしいい加減になるぐらいがちょうどいい。

いま新人時代の僕にアドバイスをするなら「真面目になりすぎるな、もっと気楽に」と送ります。

苦しいなら辞めればいい

上司の理不尽な怒りを真に受けずに、適当に聞き流して働ける人は問題ありません。


でも、なかにはクラッシャー上司のもとで働くことに限界を感じる人もいます。

一番手っ取り早く確実な方法は、職場を変えることです。

簡単ではありまえんし、リスクもあります。

ただ、上司の人柄を変えることは不可能なので、結局は自分で行動を起こすしかありません。

もし上司に対して変わって欲しいと期待しているなら、いますぐその期待を捨てましょう。

何年も我慢したからといって上司が変わる保証はありません。

理想的な環境を手に入れるためには、自分で行動するしかないんです。

簡単ではありませんが、意外となんとかなるもんです。

まとめ

僕の経験から、感情的に怒るクラッシャー上司の対処法を紹介しました。

  • 感情的に怒る上司は異常だと理解する
  • 怒られても自分を責めない
  • それでもダメなら職場を変える

一番確実な方法は仕事を辞めること。

もし上司に変わるのを期待しているなら止めましょう。

他人を変えるのは不可能なので、自分が変わる行動するのがベストな方法です。

最新情報をチェックしよう!