トロントのコインランドリーと中国人

トロントの家は洗濯機がない。

築50年以上の古い家が多く、シェアハウスに住むとコインランドリーに通うことになる。

そのコインランドリーも最新式ではなく、一昔前のものが多い。

チャイナタウンの近くに住んでいたころ、いつも通っていたコインランドリーがあった。

店にはカウンターがあり、中国人のオーナーがいつも暇そうに本を読んでいた。

目次

トロントで初めて利用したコインランドリー

トロントに来たばかりのころ、宿泊先のホステルに洗濯機がなく、ダウンタウンにあるコインランドリーを利用したことがある。

3月なのに冷たい風が吹きつける中、凍えるような思いで歩いて行ったのを覚えている。

その店はクイーンストリートウエスト沿いにあり、古めかしい店内には腰の曲がったおばあちゃんがいた。

あわせて読みたい
HI トロント ホステルに1週間宿泊してみた
HI トロント ホステルに1週間宿泊してみたワーホリで住む家を見つけるまでの間、HI トロント ホステルに1週間宿泊しました。安いホステルなのであまり期待してなかったのですが、館内は綺麗で清潔。ダウンタウン...

おそらく中国人だろう。一人で黙々と大量の衣類を洗濯機に詰めこみ、おわったらカートにのせ、乾燥機に放りこむ。

はじめはお客さんだと思っていたが、ものすごい量に業務だと気づいた。

硬貨をスロットに差し込んで使う

洗濯機の使い方がわからなくて戸惑っていると、そのおばあちゃんがぶっきらぼうに教えてくれた。

かなりくだけた英語でよく聞きとれなかったが、ジェスチャーでなんとか理解できた。

そのたたずまいには、移民として慣れないト土地で生活する苦労がにじみでていた。

中国人が始めたランドリービジネス

気になったので調べてみると、中国人が移民としてトロントに来て、初めてのビジネスがランドリーだった。

市の記録によると、1878年サム・チンという男がダウンタウンで洗濯屋を営んでいた。

その後数十年で中国人経営の洗濯屋は増加し、1902年には100以上もあったという。

店内にある両替機

もちろん当時は機械などなく、すべて手洗い。長時間の肉体労働だったが、英語も話せない貧しい移民たちはランドリーの仕事をするしかなかった。

これはトロントに限ったことではなく、北米のほかの都市でも同様で、「チャイニーズランドリーマン」と呼ばれるステレオタイプも生まれた。

しかし、機械化の流れとともに中国人によるハンドランドリーの数は激減。トロントでは、ダウンタウンに数軒残るのみとなった。

トロントのコインランドリーの様子

トロントのコインランドリーは古いとろこが多い。ここではダウンタウンにあるコインランドリーを写真でいくつか紹介。

リトルイタリーの近くにあるコインランドリー。Laundromatとはアメリカ英語でコインランドリーのこと。Laundryとほぼ同じ意味。

店内はかなり年季が入ってい、利用客もほとんどいなかった。ちなみにマシーンもかなり古い。

トロントのコインランドリーは基本的に狭い。店内はうなぎの寝床のようになっていて、奥行きがあるが狭い。

決して綺麗とは言えないようなコインランドリーもある。

掃除が行き届いている店舗もあるが、一昔前のような古めかしい感じがする。

綺麗でスペースのあるコインランドリーはまれ。これでもトロントのコインランドリーでは新しいほう。

店内には洗剤の自動販売機が設置されている。1つ1ドルちょっと。

洗剤の種類も選べるが、売り切れだったりすることも。

店内には両替機も設置されている。

オシントンアヴェニュー(Ossington Ave)沿いにある比較的大きめのコインランドリー。

外から見ても、なかなか年季が入っている。

普通に歩いていると気づかないような小さいコインランドリーが多い。

夜になると雰囲気が増す。

あわせて読みたい
トロントの住みやすさ。半年住んで感じた魅力と不便なところ
トロントの住みやすさ。半年住んで感じた魅力と不便なところ2019年の3月から半年間、ワーホリでトロントに滞在していました。世界中から移民が集まり、住みやすい都市上位にもランクインしている魅力的な街です。ただ、実際に住ん...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる