コーヒーを勉強するために読んだ本まとめ|初心者向け

コーヒーについて勉強し直したいなと思い、巷で評判のコーヒー本を何冊か買って読んでみました。

専門的な本を読むのは10年ぶりで、大学生のときに読んだ『コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために』以来。

あの頃はサードウェーブコーヒーにハマっていて、都内のコーヒーショップをひたすら開拓していました。

そして最近毎日コーヒーを淹れるようになり、あらためてしっかり学ぼうとAmazonで人気の本をまとめ買い。

Kindleで読めるという条件付きですが、今回はその中から9冊、初心者におすすめの本を紹介します。

目次

コーヒーを勉強するために読んだ本9選|初心者向け

コーヒーと一口に言っても、豆の種類、焙煎、抽出、道具、歴史、文化などさまざまです。

この記事では、基礎知識・淹れ方・雑学の3つのカテゴリーにわけて紹介していきます。

本によっては複数のカテゴリーにまたがっているので、あくまで参考程度にしてください。

まずは今回紹介する9つの本をリストアップします。

コーヒーの基礎知識を学ぶ本

コーヒーの淹れ方を勉強する本

コーヒーの雑学を勉強する本

それぞれの内容や特徴、学べることについて読んだ感想とともに紹介していきます。

極める 愉しむ 珈琲事典 

タイトル極める 愉しむ 珈琲事典
編集西東社編集部
価格¥739(税込)
発売日2017/12/7
内容豆選び、焙煎、淹れ方、おいしいコーヒーのすべて。

コーヒーの基礎知識を学ぶ本として読みやすくておすすめなのが、『極める 愉しむ 珈琲事典』

事典という名のとおり、コーヒーの基礎知識を網羅的にわかりやすく、豊富な写真とイラストで解説しているのが特徴。

コーヒー豆の基本的な説明から、焙煎、ドリッパー別のコーヒーの淹れ方、カッピング、文化、地域別のコーヒー豆カタログまで。

ムック本は中身が薄くなりがちですが、意外と充実していて視覚的に楽しみながら学べる初心者に最適な一冊です。

おすすめな人

  • コーヒーの基礎知識を視覚的に学びたい人
  • コーヒーの淹れ方やアレンジを学びたい人

>> 極める 愉しむ 珈琲事典

自宅で淹れる珈琲 for Beginners2021

タイトル自宅で淹れる珈琲 for Beginners2021
編集晋遊舎
価格¥980(税込)
発売日2021/2/18
内容コーヒーがおいしくなる「淹れ方」と「道具」のすべて。

はじめて自宅でコーヒーを淹れる入門書の決定版が、『自宅で淹れる珈琲 for Beginners2021』

自宅で美味しいコーヒーを淹れるための基礎知識から、さまざまなコーヒー道具をシンプルに紹介しているのが特徴。

ムック本なのでほかの専門書より内容の充実度では劣りますが、初心者が抑えておくべき知識は最低限網羅されています。

特におすすめのドリップポットやスケール、コーヒーメーカーなども紹介されているので、これから道具を買おうと思っている人の参考にもなります。

各種コーヒーの淹れ方と道具について、楽しく学べるカタログのような一冊です。

おすすめな人

  • 自宅で美味しいコーヒーを淹れてみたい人
  • おすすめのコーヒー道具を知りたい人

>> 自宅で淹れる珈琲 for Beginners2021

「極上の一杯」の淹れ方がわかる! おいしい珈琲のある生活

タイトル「極上の一杯」の淹れ方がわかる! おいしい珈琲のある生活
著者堀口 俊英
価格¥1,080(税込)
発売日2009/10/16
内容アレンジ珈琲、珈琲と相性の良いケーキ・サンドイッチなど、堀口珈琲研究所のノウハウをすべて公開。

コーヒーの基礎知識と美味しいコーヒーの淹れ方を学べる、『「極上の一杯」の淹れ方がわかる! おいしい珈琲のある生活』

自宅で美味しいコーヒーを淹れるための豆の選び方、挽き方、保存の仕方、抽出方法などを、初心者向けにわかりやすく解説しているのが特徴。

日本スペシャルティコーヒー協会の理事を務めた堀口さんの本だけあって、一歩踏み込んだ知識も学べ、本格的にコーヒーをはじめたい人にぴったり。

また、カフェラテをはじめとしたアレンジコーヒーやスイーツなどのレシピも多数載っているので、自宅で料理する人にもおすすめ。

シンプルで読みやすくまとまっているので、あとで紹介する『THE STUDY OF COFFEE』より初心者向け。

おすすめな人

  • 自宅で美味しいコーヒーを淹れる方法を学びたい人
  • アレンジコーヒーやスイーツなどのレシピを知りたい人

>> 「極上の一杯」の淹れ方がわかる! おいしい珈琲のある生活

ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方

タイトルワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方
著者井崎 英典
価格¥1,336(税込)
発売日2019/12/18
内容「美味しい淹れ方」に徹底的にこだわった入門書。

世界一のバリスタが伝授する美味しいコーヒーの淹れ方の本が、『ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方』

「キレ」「コク」「スッキリ」「まろやか」という4つの基準を元にした「味わい判定表」から、自分好みの味を知ることからはじまり、豆選びのポイント、抽出比率による味のコントロールの仕方まで。

自分にとって「最高の一杯」の淹れ方を、論理的かつ具体的に学べる実践的な一冊。

今までなんとなくしか理解していなかったコーヒーの味の違いや表現を、体系的に理解できるのはとても助かります。

特にスペシャリティーコーヒーを選ぶときの参考になるので、これからコーヒーを始める初心者には最適。

おすすめな人

  • 自分の好みのコーヒーの味を論理的に知りたい人
  • 自分の好みの味のコーヒーの淹れ方を知りたい人

>> ワールド・バリスタ・チャンピオンが教える 世界一美味しいコーヒーの淹れ方

コーヒー抽出の法則

タイトルコーヒー抽出の法則
著者田口 護
価格¥1,049(税込)
発売日2019/2/21
内容器具による味の特徴も丁寧に解説した、プロの味を自宅で再現できる一冊。

コーヒー抽出の仕組みをわかりやすく解説したのが、『コーヒー抽出の法則』

ペーパードリップの詳しい抽出方法から、コーヒーの味を決める6つの法則まで、基礎から詳しく学べるのが特徴。

著者はカフェバッハの店主として、日本の自家焙煎コーヒーを牽引してきた田口護さん。

圧倒的な知識と経験に裏打ちされた内容で、非常に読み応えのある一冊。

コーヒー抽出の基礎知識はもちろん、なにより文章からコーヒーに対する熱意と愛情が伝わってきて圧倒されます。

おすすめな人

  • プロのペーパードリップの抽出方法を知りたい人
  • 抽出と味の法則を詳しく知りたい人

>> コーヒー抽出の法則

THE STUDY OF COFFEE

タイトルTHE STUDY OF COFFEE
著者堀口俊英
価格¥2,613(税込)
発売日2020/10/30
内容理化学的なアプローチで、自分にとって理想のコーヒーを抽出する。

理化学的なアプローチでコーヒーについて学べるのが、『THE STUDY OF COFFEE』です。

東京農業大学大学院でコーヒーを学び直した堀口さんが新しく書いた本で、化学的データを用いて論理的に学べるのが特徴。

たとえば、ph5.3のエチオピア・イルガチェフェの豆を、各メーカーのドリッパーを使用して抽出したときのBrix(濃度)の違いについてなど。

豆の成分や風味、焙煎度の違い、抽出方法による味覚の差まで、あらゆることをデータ化して比較する。

読んでいて純粋に面白い、新しい視点でコーヒーを発見できる一冊です。

おすすめな人

  • コーヒーの成分や風味を詳しく知りたい人
  • 自分の好みの味のコーヒーの淹れ方を知りたい人

>> THE STUDY OF COFFEE

コーヒーで読み解くSDGs

タイトルコーヒーで読み解くSDGs
著者José. 川島 良彰・池本幸生・山下加夏
価格¥1,777(税込)
発売日2021/3/15
内容コーヒーの価値観を変え、SDGsを理解できる一冊。

コーヒーを通してSDGsについて学べるのが、『コーヒーで読み解くSDGs』です。

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。

2020年に日本でも普及啓発が一気に進み、ご存知の方も多いSDGsですが、実はコーヒーと密接に関わっています。

もし、私たちが普段飲んでいるコーヒーが、生産者の貧困の上に成り立っているとしたら。

「生産者の取り分1%」の本当の意味や、持続可能な産業としてコーヒーを守るために私たちができることなど。

コーヒーに対する見方がガラッと変わるだけでなく、コーヒーを通してSDGsについて学ぶことができる一冊。

読んだあとは、安いコーヒーを買うのはやめとこうってなります。

おすすめな人

  • コーヒー産業の裏側を知りたい人
  • コーヒーを通してSDGsについて知りたい人

>> コーヒーで読み解くSDGs

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

タイトルコーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか
著者旦部幸博
価格¥1,188(税込)
発売日2016/2/18
内容科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る。

コーヒーについて深く学べる一冊と言えば、『コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか』

種としての特徴から、歴史、おいしさ、成分、焙煎、抽出、健康まで、さまざまな論文を引用して科学的に解説しているのが特徴。

著者のコーヒーにまつわる知識量が圧倒的で、タイトル通り非常に読み応えのある本。

僕みたいに生半可な気持ちで読むと、確実に面食らいます。

コーヒーの実用的な知恵を学ぶというよりは、より深い知識を得ることを目的とした人向け。

そういう意味では初心者向けではありませんが、コーヒーにまつわる知的冒険を楽しめる一冊です。

おすすめな人

  • コーヒーについて深く知りたい人
  • コーヒーにまつわる雑学的な知識を学びたい人

>> コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

やせる! ボケない! メンタルが強くなる! 人生を変えるコーヒーの飲み方

タイトル米国の医学博士が伝授する 人生を変えるコーヒーの飲み方
著者ボブ・アーノット・佐々木 紀子(翻訳)
価格¥1,100(税込)
発売日2019/1/15
内容コーヒーと健康に関する本。

コーヒーの健康効果を学べるのが、『米国の医学博士が伝授する 人生を変えるコーヒーの飲み方』

医学博士でジャーナリストでもある著者が、コーヒーを飲むことで得られる健康へのメリットを、数々の研究結果を引用しながら紹介しています。

たとえば、カフェインの有無に関係なく、コーヒーを飲んでいた高齢者は、コーヒーを飲んでいなかった高齢者よりも全般的に死亡リスクが低いなど。

さらには、健康効果の高い良質な豆の選び方から、コーヒーの利点を最大限活かすための抽出方法まで。

コーヒーの健康効果についてはさまざまな研究があり一筋縄ではいかないのですが、コーヒーの持つ基本的なメリットをわかりやすく学べます。

おすすめな人

  • コーヒーの健康効果を知りたい人
  • コーヒーの健康効果を最大限に活かす方法を知りたい人

>> 米国の医学博士が伝授する 人生を変えるコーヒーの飲み方

個人的に勉強になった本ベスト3

最後に今回紹介した9冊の中から、個人的に勉強になった本ベスト3を紹介します。

それぞれ内容が違うので一概に比べるのは難しいですが、「どれがいいかわからない!」という人は参考にしてみてください。

読みやすさ内容ともに、美味しいコーヒーを淹れたい全ての初心者におすすめ。

コーヒーの成分や風味に関して、一歩踏み込んで学びたい人におすすめ。

コーヒー産業の真実を知りたい人におすすめ。

あわせて読みたい
自宅コーヒー初心者におすすめの道具一式。安くて使いやすい器具 最近コーヒーにハマって自宅で美味しいコーヒーを淹れてみたいと考えている初心者の方に向けて。 それなりに美味しいコーヒーにこだわってきた僕が、安くて簡単に淹れら...
あわせて読みたい
コーヒー用にタニタの洗えるクッキングスケールを購入。かなりいい 去年から家で本格的にコーヒーを淹れるようになって、いろいろ器具を試しています。 ドリッパーにサーバー、ミルやポッドなど一通り買いそろえて、唯一持っていなかった...
あわせて読みたい
カリタのドリッパーを購入。HARIOと味を比べてみた 今までドリッパーはHARIOのV60を使ってきました。 簡単に美味しいコーヒーを淹れられるので重宝していますが、やっぱりほかのメーカーのドリッパーも気になる。 という...
目次
閉じる