『新 コーチングが人を活かす』要約 : コーチングとは発見をうながすこと

部下の育成のヒントをつかめるかもと『新 コーチングが人を活かす』を読んでみた。

2000年の刊行以来「最良の入門書」として高い評価を受け、一番売れているコーチング本として知られている本書。

コーチングの本を読むのは初めてだったが、上司として部下の育成に役立つスキルがちりばめられていた。

部下の育成に悩む人に向け、特に役に立つと思ったコーチングスキルをピックアップして紹介する。

目次

『新 コーチングが人を活かす』要約

コーチングとは発見をうながすこと

まず本書のタイトルでもあるコーチングについて正しく理解する必要がある。

筆者によれば、コーチングとは、問いを2人の間に置き、一緒に探索して、その中で相手の発見をうながすもの。

これを聞いただけでは、理解するのはなかなか難しいが、重要なのは〝発見をうながす〟という点。

相手の中にある答えにどのように気づかせるか、それが本書のコーチングのキーワードになる。

例えば上司と部下の関係でいうと、「君はどう思う?」と上から目線できくのではなく、「この会社の存在意義は何だろう?」のように、問いに対して等しく向き合い一緒に考えるということ。

〝引き出す〟のではなく〝一緒に考える〟

対等の立場で問いを相手と共有する、それがコーチングの姿勢で、これは部下を育成するという点においても非常に重要だと思った。

特に多少時間に余裕があるなら、すぐに答えを与えずに、発見をうながすための時間を与える方がいい。

なぜなら、自分で答えを見つける方が、血肉となり使える知識として定着し、結果的に部下自身の成長につながる。

主体的に考えて動ける部下を育てるためにも、〝発見をうながす〟〝信頼して待つ〟という姿勢は常に意識したい。

チャンクダウンは上司の役割

では、相手の発見をうながすためにはどうすればいいのか。

質問の仕方がとても重要になる。本書ではそのための質問スキルがいくつか紹介されている。

なかでも特に大切だと感じたのは、チャンクダウンのスキル。

チャンクダウン(かたまりをほぐす)とは、相手の言葉のかたまりを具体的な言葉にほぐしてあげること。

例えば、上司と部下のやり取りで「仕事の進み具合はどう?」という質問に「あまりうまくいっていません」という答えが返ってくる。

ここで「どうしてうまくいっていないんだ!」と詰問するのではなく、「具体的にどういうことがうまくいっていない?」と大きなかたまりをほぐしていく。

これを何度か繰り返すことによって、部下の状況をいち早く理解することにつながる。

僕も部下に質問をしても返答が抽象的で困ることがよくある。そんなときチャンクダウンを使えば、適切に答えを引き出すことができる。

そもそも部下は質問にチャンクで返すということを理解するのが大切。それをときほぐすのが上司の役割だと認識すれば、部下との関わりもずっとよくなる。

〝なぜ〟のかわりに〝なに〟を使う

また、コーチングのスキルとして重要なのが、〝なぜ〟のかわりに〝なに〟を使うということ。

なぜなら、人は〝なぜ〟ときかれると、責められることを想定して防御体制に入ってしまう。

代わりに〝なに〟ときいてあげることによって、相手の発見をうながしやすくなる。

例えば、「なぜミスをしたのか?」ではなく、「なにが具体的にミスを引き起こす原因になったのか?」ときく。

すると、相手は客観的に現実を捉えることができ、適切な情報を引き出すことが可能になる。

これは今まで何回も経験があり、部下がミスをしたらつい「なぜ?」ときいてしまう。

責めるつもりはなくても、部下からしたら責められているように感じるのは当然で、自己防衛に入ってしまう。

そしてミスを誤魔化そうとしたり、言い訳をして、正しいミスの原因を引き出せなかったという経験が何度もある。

部下の立場に立って考えれば、上司から〝なぜ〟ときかれて必要以上のプレッシャーを感じるのは当然。

少し意識を変えるだけでできるので、上司としてこのことはしっかり肝に命じておきたいと思った。

安心感で人を動かす

本書を読んで目から鱗だったのが、安心感で人を動かすということ。

人を動かす方法といえば、アメとムチ、褒めることなどを思い浮かべるが、安心感を土壌に相手に行動をうながすのがコーチングだと。

そして安心感を与える最も強力な方法が、〝同じ言葉を繰り返す〟こと。

コミュニケーションのテクニックにオウム返しがあるが、これは単に相手に賛成するということではなく、相手がそういう状態にあることを認めることだという。

この受容されているという感覚が相手の中に安心感を生み出し、行動させることにつながる。

例えば、部下が「最近ちょっと疲れてるんです」と言うと、「疲れてるんだね」と認めてあげる。

体育会の上司なら「もっとがんばれよ」なんて言いそうだが、それでは相手は動かない。

僕もついつい部下に自分の言葉を押し付けようとしてしまうので、オウム返しをしっかり安心感を作り出すようにしたい。

部下の育成に役立つコーチングスキルが盛りだくさん

ということで、いくつか部下の育成に役立つコーチングスキルを紹介した。

ほかにも、「おはよう」「大丈夫?」などの通りがかりの一言で、信頼関係を構築するなど。

本書では、部下の育成、関わり方に役立つコーチングスキルがまだまだ紹介されているので、ぜひとも手にとって読んでもらいたい。

あわせて読みたい
2020年読んでおもしろかった本ベスト5 今年こそはたくさん本を読もうと思うも、なかなか読めなかった2020年。 おそらく15冊ぐらいかな、数としては少ないですが、その中から読んでよかった本を紹介します。 ...
目次
閉じる