映像制作

Cinema4dを学ぶ!おすすめ本4つ

「Cinema 4Dを学ぶのにおすすめの本を知りたい!」

「でも、なにからはじめたらいいかわからない…」

僕もCinema 4Dを学びはじめたときは、とても苦労しました。

いまでも使いこなせている自信はありませんし、それくらい奥が深くて難しいソフトです。

この記事では、Cienma 4Dを学びぶのにおすすめの本を紹介します。

Cinema 4Dのおすすめ本

はじめてのCinema 4D

はじめてのCinema4D 改訂第2版[本/雑誌] / 田村誠/著 コンノヒロム/著 宮田敏英/著

created by Rinker

Cinema 4Dの本自体少ない中、一番わかりやすいのが『はじめてのCinema 4D 改訂第2版 』です。

初版が出版されたのが2017年、Cinema 4Dを学ぶはじめての一冊としては最適な本です。

学べる内容としては、

  1. インターフェイスの説明
  2. 基礎的なモデリング
  3. アニメーション
  4. XPresso
  5. MoGraph
  6. カメラマッピング

難しい専門用語でピンとこないかもしれませんが、Cinema 4Dの機能が満遍なく学べます。

ほかにも2、3冊初心者向けの本が出ていますが、Cinema 4Dを学びはじめるなら本書が一番おすすめです。

After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門

After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門 [ 大河原浩一 ]

created by Rinker

Cinema 4D Liteから学びたい人におすすめなのが『After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門』です。

Cinema 4D Liteは、アフターエフェクトに付属しているCinema 4Dの簡易版ですね。

内容としては、

  • オブジェクトの作成
  • スプラインの使い方
  • 質感・マテリアルの編集
  • ライトとカメラの使い方
  • 基本的なキーフレームアニメーション
  • After Effectsとの連携方法

など、Cinema 4Dにも共通する3DCGの基礎が学べます。

簡易版なので機能など一部制限はありますが、3DCG初心者なら本書からはじめてもいいでしょう。

最終章では、Cinema 4D Liteとアフターエフェクトを使った作例も学べます。

アフターエフェクトを持っているけど、Cinema 4Dを買うかどうかわからない人に最適です。

CINEMA 4D MoGraph/XPressoガイドブック

CINEMA 4D MoGraph/XPressoガイドブック 【解説ムービー付き】【電子書籍】[ 冨士 俊雄 ]

created by Rinker

『はじめてのCinema 4D』で基本的な使い方を学んだ人が、さらに踏み込んでアニメーションを学べるのが『CINEMA 4D MoGraph/XPressoガイドブック』です。

その名の通りMoGraphとXPressoに特化した本で、ある程度知識がない人には難しいかもしれません。

ただ、Mographを使ったモーショングラフィックスを学びたい人は必見です。

一応、解説動画も付いているので、初心者からのレベルアップとしてチャレンジしてもいいでしょう。

CINEMA 4D プロフェッショナルワークフロー

CINEMA 4D プロフェッショナルワークフロー コンセプトから完成ビジュアルまで、第一線で活躍するクリエイターたちによる制作ノウハウ [ 阿部 司 ]

created by Rinker

『はじめてのCinema 4D』で基本的な使い方を学んだあと、実践的な制作ノウハウを学ぶのに最適なのがこの本。

タイトルにワークフローとあるように、クライアントとの打ち合わせから納品まで、実例形式で学ぶことができます。

レンダリングにV-Rayを使用したり作例も高度ですが、Cinema 4Dを深く学びたい人におすすめです。

また、モデリングの実例が中心なので、モデラー志望の人は買って損はないと思います。

Cinema 4Dを学べるオンラインコース

UdemyのオンラインコースでCinema 4Dを学ぶのももいいでしょう。

英語になりますが、初心者向けの人気コースを2つピックアップしておきます。

値段が高いというデメリットもありますが、定期的に90%オフセールをやっているので要チェック。

しかも、購入して30日以内なら全額返金可能です。

【公式】Udemyでコースを探す

まとめ

初心者から中級者まで、Cinema 4Dを学ぶのにおすすめの本を4つ紹介しました。

僕もはじめての3DCGソフトがCinema 4Dでしたが本当に苦労しました。

いきなり仕事で使うとなって、悪戦苦闘したのを覚えています。

なので、映像の仕事をしている人は、3DCGの基礎は学んでおいて損はありません。

映像表現の幅も広がりますし、3Dができる人は少ないので重宝されます。

【After Effects】初心者が独学で学ぶのにおすすめの本を厳選After Effectsがあればなんでもできます。 本格的な合成から、かっこいいモーショングラフィックスまで、さまざまな機能が備...
ABOUT ME
Kenta
Kenta
写真・カメラ・映像制作。ワーホリ→セブ島留学→海外就職。時間と場所に縛られずに生きる。 お問い合わせはこちら