Cinema4dを学べるおすすめ本4選

「Cinema 4Dを学びたいけど、何からはじめたらいいかわからない…」

僕もCinema 4Dを学んだときは、何をやったらいいかわからず苦労した。

いまでも使いこなせているわけではないが、奥が深くて難しいソフトなのは間違いない。

ということで、この記事ではCienma 4Dを学える本を4つ紹介。

目次

Cinema 4Dを学べるおすすめ本4選

はじめてのCinema 4D

Cinema 4Dの本自体少ない中、一番わかりやすいと言ってもいいのが『はじめてのCinema 4D 改訂第2版 』。

初版が出版されたのが2017年、Cinema 4Dを学ぶはじめての一冊としては最適な本。

学べる内容としては、

  1. インターフェイスの説明
  2. 基礎的なモデリング
  3. アニメーション
  4. XPresso
  5. MoGraph
  6. カメラマッピング

難しい専門用語でピンとこないかもしれないが、Cinema 4Dの機能を満遍なく学べる最初の一冊

After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門

Cinema 4D Liteから学びたい人におすすめなのが『After EffectsユーザーのためのCINEMA 4D Lite入門』。

Cinema 4D Liteは、アフターエフェクトに付属しているCinema 4Dの簡易版。

内容としては、

  • オブジェクトの作成
  • スプラインの使い方
  • 質感・マテリアルの編集
  • ライトとカメラの使い方
  • 基本的なキーフレームアニメーション
  • After Effectsとの連携方法

など、Cinema 4Dにも共通する3DCGの基礎を学べる。

簡易版なので機能など一部制限はあるが、3DCG初心者なら本書からはじめるのがいい。

最終章では、Cinema 4D Liteとアフターエフェクトを使った作例も学べる。

アフターエフェクトを持っているけど、Cinema 4Dを単体で買うかわからない人におすすめ。

CINEMA 4D MoGraph/XPressoガイドブック

Cinema 4Dの基本的な使い方を学んだ人が、さらに踏み込んでアニメーションを学べるのが『CINEMA 4D MoGraph/XPressoガイドブック』。

その名の通りMoGraphとXPressoに特化した本で、ある程度知識がないと難しい本。

ただ、Mographを使ったモーショングラフィックスを学びたい人は必見。

初心者から中級者へレベルアップとしての一冊。

CINEMA 4D プロフェッショナルワークフロー

はじめてのCinema 4Dの基礎を学んだ人が、実践的な制作ノウハウを学ぶのに最適なのがこの本。

ワークフローとあるように、クライアントとの打ち合わせから納品まで、実例形式で学ぶことができるのが特徴。

レンダリングにV-Rayを使用したり作例も高度だが、Cinema 4Dを深く学びたい人におすすめ。

また、モデリングの実例が中心なので、モデラー志望の人は買って損はない。

Cinema 4Dを学べるオンラインコース

UdemyのオンラインコースでCinema 4Dを学ぶの方法もある。

英語になるが、人気コースを2つピックアップ。

定期的に90%オフセールをやっているので要チェック。

購入して30日以内なら全額返金可能

まとめ

初心者から中級者まで、Cinema 4Dを学ぶのにおすすめの本を4つ紹介した。

映像の仕事をしている人は、3DCGの基礎を学んでおいて損はない。

そいういう意味では、初心者にとってCinema4Dはとてもいいソフトになる。

あわせて読みたい
After Effects初心者が独学で学ぶのにおすすめの本3選
After Effects初心者が独学で学ぶのにおすすめの本3選After Effectsがあればなんでもできる。本格的な合成からモーショングラフィックス、アニメーションまで。映像制作には欠かせないソフト。ただ、多機能ゆえに初心者が学...
目次
閉じる