トロントのコインランドリーと中国人

トロントの家は洗濯機がない。

築50年以上の古い家が多く、シェアハウスに住むとコインランドリーに通うことになる。

そのコインランドリーも最新式ではなく、一昔前のものが多い。

チャイナタウンの近くに住んでいたころ、いつも通っていたコインランドリーがあった。

店にはカウンターがあり、中国人のオーナーがいつも暇そうに本を読んでいた。

トロントのコインランドリー

L1010358_c

トロントに来たばかりのころ、宿泊先のホステルに洗濯機がなく、ダウンタウンにあるコインランドリーを利用したことがある。

3月なのに冷たい風が吹きつける中、凍えるような思いで歩いて行ったのを覚えている。

その店はクイーンストリートウエスト沿いにあり、古めかしい店内には腰の曲がったおばあちゃんがいた。

おそらく中国人だろう。

一人で黙々と大量の衣類を洗濯機に詰めこみ、おわったらカートにのせ、乾燥機に放りこむ。

はじめはお客さんかなと思っていたが、ものすごい量に業務だと気づいた。

L1010359_c

洗濯機の使い方がわからなくて戸惑っていると、そのおばあちゃんがぶっきらぼうに教えてくれた。

かなりくだけた英語でよく聞きとれなかったが、ジェスチャーでなんとか理解できた。

そのたたずまいには、移民として慣れないト土地で生活する苦労がにじみでていた。

中国人がはじめたランドリー

L1010344_c

気になったので調べてみると、中国人が移民としてトロントに来て、初めてのビジネスがランドリーだった。

市の記録によると、1878年サム・チンという男性がダウンタウンで洗濯屋を営んでいた。

その後数十年で中国人経営の洗濯屋は増加し、1902年には100以上もあったという。

もちろん当時は機械などなく、すべて手洗い。

長時間の肉体労働だったが、英語も話せない貧しい移民たちはランドリーの仕事をするしかなかった。

これはトロントに限ったことではなく、北米のほかの都市でも同様で、「チャイニーズランドリーマン」と呼ばれるステレオタイプも生まれた。

しかし、時代は長くは続かなかった。

機械化の流れとともに、中国人によるハンドランドリーの数は激減。

現在トロントでは、ダウンタウンに数軒残るのみとなった。

コインを入れて洗濯する自動ランドリーが主流になった今、ランドリーにいる年老いた中国人を見るとふと思う。

かつてのチャイニーズランドリーマンの孫が、同じ土地でコインランドリーを経営していても不思議ではない。

機械化により重労働から解放され、豊かな暮らしを送っていると。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です