転職は縁とタイミング。20代で2回転職して思うこと

新卒で就職して、約3年間で2回転職を経験しました。2回とも未経験の職種への転職です。

日本では転職に対して悪いイメージを持っている人が多く、なかなか一歩踏み出せない人もいるでしょう。

僕も将来に不安を覚え、すごく悩んだ末、20代で2回転職しました。

僕の経験から転職に一番大切だと思ったのは、縁とタイミングです。

目次

転職における縁とは

まず転職における縁は2つあります。

  • 人との縁
  • 会社との縁

転職を成功させるにはこの2つの縁のどちらかを掴むのが大切です。

第二新卒やスキルがない人にとって、この縁を引き寄せることが大きな鍵。

特に、人との縁がより大切です。

転職活動時にある経営者の方と出会い、その人にお願いして会社を紹介してもらいました。

もちろん、その会社の面接を受けて内定をもらったのですが、その経営者との出会いがなければ今の僕はなかったと思います。

何気ない出会いが、思いもよらず人生を変えてくれることがあります。

また縁というは、お互いの相性のことで、選考が上手くいかなくても、それは相性が悪かっただけのことです。

落ち込まずに、常に前向きで明るい気持ちでいることが大切です。

転職のタイミングも重要

いくらスキルがあって、行きたい会社があっても、その会社が人を求めていなけらば転職できないのは事実です。

逆にタイミングさえあえば、スキルがなくても行きたい業界、働きたい職種に就くことは可能です。

なので、うまく行かなくても焦らないことです。

単純にタイミングが悪いだけかもしれません。

たまたま企業が人手不足のときに応募のタイミングが重なれば、驚くほどすんなりと転職できたりするもの。

僕のいた会社でもありましたが、小さい会社では人が足りない時期が結構あります。

一刻も早く人手が欲しい時は、応募条件を下げて幅広く採用しようとします。

運良くそのタイミングを掴めば、すんなり就職が決まったりします。

転職で縁とタイミングをつかむには

転職で縁とタイミングをつかむには、しっかり準備をするのが大切です。

  • 自分がやりたいことをはっきりさせる
  • 転職サイトにも積極的に登録して、できるだけ幅広く情報を集める
  • いつでもチャンスをつかめるよう、常日頃からアンテナをはっておく

自分がやりたいことが明確でないなら、できるだけいろんなところから情報を集めて判断材料を増やす。

準備ができたら、とにかく行動する。

自分の行動でしか、縁とタイミングはつかむことができません。

まとめ

まとめると、

  1. 転職には縁とタイミングが大切
  2. 人との縁が思わぬチャンスにつながる可能性がある
  3. 縁とタイミングをつかむためには行動

人や会社との出会いを大事にして、行動し続ける。それが大切です。

目次
閉じる