CGデザイナーは絵が下手でもなれる。ただし職種による

CGデザイナーは絵が下手でもなれます。

ただ、CGデザイナーといってもいろんな職種があり、絵が描けないとなれない職種もあります。

目次

CGデザイナーの職種

まずは、CGデザイナーの職種について簡単に紹介します。たとえば、日本屈指のCGプロダクション、ポリゴン・ピクチュアズの募集職種によると、

  • モーショングラフィックスアーティスト
  • モデラー
  • リギングアーティスト
  • シミュレーションアーティスト
  • アニメーター
  • レイアウター
  • エフェクトアーティスト
  • 原図アーティスト
  • ショットアーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • エディター
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

すくなくとも13の職種にわかれています。この中で絵が描けないとなれないのは、

  • 原図アーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

の4つで、それ以外は絵が下手でもなることはできます。もちろん、3DCGソフトが使えるといった前提条件を満たしていればです。

CGデザイナーは絵が下手でもなれるけど、職種によっては絵が描けないとなれないというのが結論。大切なのは、まず自分がどの職種になりたいか決めることです。

ポリゴン・ピクチュアズ 採用ページ POLYGON PICTURES CAREERS

3DCGデザイナーというゼネラリスト

海外や大手プロダクションでは職種が細分化されてる一方、小さな会社では3DCGデザイナーというゼネラリストでの求人が多いのが特徴です。

モデリングからアニメーション、エフェクト、コンポジットまで、CGに関わる業務を一人でこなすのが3DCGデザイナー。

その場合も、画力は重要ではなく、CGに対する幅広い知識やMAYAなどの3DCGソフトを使えることが求められます。

画力より観察力が重要

CGの仕事では、画力より観察力が重要です。説得力のあるCGを作るには、現実世界を注意深く観察する必要があります。

観察力を磨く方法としてデッサンが有名ですが、わざわざ始める必要はなく、CGに不可欠なライティングについて学ぶ方が実践的です。

CGデザイナーための光をテーマにした本。ライティングの基礎から、ストーリーの伝え方まで、画づくりに欠かせない光の仕組みと使い方を学べます。

CGデザイナーになりたいと思っているなら、読んで損はありません。

まとめ

CGデザイナーは絵が下手でもなれるけど、職種によっては絵が描けないとなれないのが結論です。

大切なのは、自分がどの職種になりたいか決めること。そして、その職種の募集要項を満たすために勉強すること。

また、CG全般の仕事は観察力が重要なので、最低限ライティングの基礎を勉強しておくと必要があります。

あわせて読みたい
Cinema4dを学ぶ!おすすめ本4つ
Cinema4dを学ぶ!おすすめ本4つ「Cinema 4Dを学ぶのにおすすめの本を知りたい!」「でも、なにからはじめたらいいかわからない…」僕もCinema 4Dを学びはじめたときは、とても苦労しました。いまでも使...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる