映像制作

CGデザイナーは絵が下手でもなれる。ただし職種による

「CGデザイナーは絵が下手でもなれるの?」

結論から言うと、絵が下手でもなれます。

ただ注意したいのは、CGデザイナーにもいろんな種類があり、絵が描けないとダメな職種もあります。

CGデザイナーの種類と画力

一口にCGデザイナーといってもさまざまな職種があります。

たとえば、日本屈指のCGプロダクション、ポリゴン・ピクチュアズの募集職種を見てみると、

  • モーショングラフィックスアーティスト
  • モデラー
  • リギングアーティスト
  • シミュレーションアーティスト
  • アニメーター
  • レイアウター
  • エフェクトアーティスト
  • 原図アーティスト
  • ショットアーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • エディター
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

と、すくなくとも13の職種にわかれています。

この中で、絵が描けないと厳しいと思われるのは、

  • 原図アーティスト
  • ルックデヴアーティスト
  • キャラクターデザイナー
  • 2Dバックグラウンドアーティスト

の4つで、逆に言うとそれ以外の職種は絵が下手でもなることはできます。

なので、CGデザイナーは絵が下手でもなれますが、職種によっては絵が描けないと厳しいというのが結論です。

ポリゴン・ピクチュアズ 採用ページ POLYGON PICTURES CAREERS

3DCGデザイナー

CGデザイナーにもさまざまな職種があるなか、日本では3DCGデザイナーというゼネラリストでの求人が多いのが特徴です。

モデリングからアニメーション、エフェクト、コンポジットまで、すべて一人でこなすのが3DCGデザイナーです。

ただ、その場合でも、絵が下手でもなれないわけではありません。

MAYAなどの3DCGソフトを使えることが重要で、基本的に画力はそこまで重要ではありません。

絵が描けるとアドバンテージになる

ただ、絵が描けるとアドバンテージになるのは確かです。

僕はモーショングラフィックスデザイナー、コンポジターとして働いていましたが、絵がうまければと思ったことは何度もあります。

周りには美大で本格的にデッサンを学んだ同僚もいて、絵が下手な僕はよく劣等感を抱いていました。

特に2Dアニメーションよりの仕事では、絵がうまい人が活躍しています。

観察力が重要

また、CGの仕事全般に言えることですが、観察力が非常に重要です。

説得力のあるCGを作るためには、現実の世界を注意深く観察しなければいけません。

そうなったとき、デッサンの経験や絵についての知識があった方が有利です。

なので、CGデザイナーになりたいと思っている人は、基礎知識としてデッサンやライティングについて学んでおく必要があります。

絵の勉強になる本

線一本からはじめる伝わる絵の描き方 ロジカルデッサンの技法

created by Rinker

〝絵を描くロジック〟を知ることができる本。

論理的でわかりやすく、「絵は誰でも描ける」ということを教えてくれます。

実際に読んでいると、自分で描かずにはいられないぐらい単純明快です。

画づくりのための光の授業 CG、アニメ、映像、イラスト創作に欠かせない、光の仕組みと使い方

created by Rinker

CGアーティストための〝光〟をテーマにした本。

ライティングの基礎から、ストーリーの伝え方まで、光に関するさまざまなことが学べます。

まとめ

CGデザイナーは絵が下手でもなれますが、職種によっては絵が描けないと厳しいというのが結論です。

また、CGデザイナー全般に言えるのは、絵が描けるにこしたことはないということ。

CGの仕事は観察力が重要なので、最低限デッサンやライティングの知識を勉強しておくと役立ちます。

ABOUT ME
Kenta
Kenta
写真・カメラ・映像制作。ワーホリ→セブ島留学→海外就職。時間と場所に縛られずに生きる。 お問い合わせはこちら