カナダといえばティムホートンズ!おすすめメニューを紹介

カナダの国民的カフェ「ティムホートンズ」。

街中のいたるところに店舗があり、カナダ人の間で大人気です。

僕もカナダのトロントに滞在していたころ、毎日のようにティムホートンズに通っていました。

ティムホートンズがないカナダ生活は考えられないくらい、誰もがお世話になるコーヒーショップです。

この記事では、ティムホートンズの魅力やおすすめメニューなどを紹介します。

目次

ティムホートンズとは

ティムホートンズはカナダ最大のコーヒー・ドーナッツチェーンです。

イメージ的には、ドトールとミスドを足して2で割ったようなカフェ。

カナダ最大のファーストフードチェーンでもあり、世界14か国に約4800店舗を展開。

カナダだけで4500店舗以上あり、文字通りどこにでもあります。

ドトールの国内店舗数約1000店舗と比べても、圧倒的な数です。

創業者はアイスホッケー選手

ティムホートンズは、1964年にNHLのアイスホッケー選手ティム・ホートンによって創業されました。

当時の店名は「ティムホートンドーナッツ」(Tim Horton Donuts)で、のちに現在の「ティムホートンズ」(Tim Hortons)に改名されています。

1974年にティム・ホートンが交通事故で亡くなったあとは、共同経営者のロン・ジョイスが事業を買収し一気にチェーン事業を拡大。

1995年にはウェンディーズと合併するまでに成長し、これを機にアメリカにも積極的に進出しています。

2014年にはバーガーキングに買収されました。

1号店はオンタリオ州ハミルトン

ティムホートンズの1号店は、オンタリオ州のハミルトンにあります。

カナダ最大の都市トロントからは、GOバスで1時間ほどの距離。

トロントとナイアガラのちょうど中間に位置する街です。

ティムホートンズの魅力

とにかく安い

ティムホートンズの魅力は、なんといっても値段の安さ。

コーヒー1杯1,59ドル、種類豊富な甘いドーナツは1個1ドルから。

1回外食すれば10ドル以上は平気でするカナダで、コーヒーとドーナッツを頼んでも3ドルちょっと。

ホームレスからビジネスマンまで、あらゆる種類の人が利用するカナダの国民的カフェです。

どこにでもある

安いだけじゃなく、文字通りどこにでもあるのがティムホートンズです。

駅構内の小さなスペースからガソリンスタンドの中にまで。

びっくりするような場所に店舗があります。

ほかになにも店がなくても、ティムホートンズだけがあるのがカナダです。

リワードカードで無料サービスをゲット

リワードカードというお得なポイントカードも魅力です。

会計時に毎回スキャンしてもらうだけで、7回目の注文でコーヒー1杯無料になります。

リワードカードはレジ横に置いてあって、だれでも無料でもらえます。

すこしでもティムホートンズを利用する人は、使わないと損です。

下手すると、リワードカードでポイントを貯めるために通ってしまいます。

ただ、システム的にやっかいなのが7回目の注文で自動で無料になること。

間違えてベーグルなどを注文してしまうと、無料にならないので注意です。

無料になるのは、コーヒーやドーナッツだけ。

ずっと通っていると、たまに謎のタイミングで無料になったりもしますが。

また、コーヒーやホットチョコレートであればサイズに関係なく無料になるので、ラージサイズを注文するのがお得です。

カナダ人にも大人気

カナダ人にもティムホートンズは大人気で、いつどこの店舗に行っても混んでいます。

レジの前に行列ができているのは日常茶飯事で、特に昼過ぎなどは大混雑。

カナダに来たばかりのころは、どうしてこんなに人気なのか不思議でしたが、通いだして納得。

安くて早くて便利、カナダ生活には欠かせないカフェです。

ちなみに、パトロール中の警官も制服姿のままよく立ち寄ります。

警察の特権なのか、お金を払わないでコーヒーを買っているのをよく目にしました。

トイレが借りられる

街中にトイレが少ないカナダでは、ティムホートンズはまさに救世主です。

基本的に注文すれば誰でもトイレを借りられます。

防犯上の理由から鍵がかかっている店舗もありますが、店員に頼めば鍵を貸してくれます。

トイレ目的で利用する客を目にすることも日常茶飯事で、いろんな意味でカナダ人にとって欠かせないカフェです。

24時間営業

ティムホートンズには24時間営業の店舗もあります。

フィンチに住んでいた時は、ノースヨークセンターにある24時間営業の店舗をよく利用したのもです。

シェアハウスでプライベートがなかったので、毎日のように深夜までいたのですが、いつも同じメンバーがいて親近感を覚えます。

カウンターで寝ているホームレスのおじいちゃんに、深夜から早朝まで音楽を聞きに来る黒人の女性、何かの勉強をしているイラン人のおっちゃんなど。

店員もいつもいるフィリピン人のおばちゃんで、用事がなくても行くのが日課になっていました。

はじめは一切笑わなかったそのおばちゃんも、途中から何も言わなくても勝手にホットチョコレートを用意してくれたり。

同じ店舗に通い続けると意外な魅力を発見できたり、カナダ生活の心の支えになるのがティムホートンズです。

ティムホートンズのおすすめメニュー

コーヒーとドーナッツは微妙

ティムホートンズといえば、コーヒーとドーナツですが、正直あまりおすすめではありません。

どちらも安くてコスパはいいですが、味に関して言うと微妙です。

特にコーヒーはミルクと砂糖を入れて飲む前提なので、ブラックでは飲めたものではありません。

ドーナッツも甘めのものが多いです。

ベーグルが一番おすすめ

数あるメニューのなかでも、一番おすすめなのがベーグルです。

安くて味も悪くなく、食べ応えがありコスパ抜群です。

朝食や小腹を満たしたいときのぴったりのメニューです。

種類が豊富なベーグル

ティムホートンズのベーグルはコスパ抜群なだけでなく、種類も豊富です。

  • Plain
  • Everything
  • Cinnamon Raisin
  • Four Cheese
  • Sesame Seed
  • 12 Grain

など6種類ぐらいあって飽きません。

店舗によって取り扱っていないメニューもあったりしますが、だいたい5種類ぐらい用意されています。

バターかクリームチーズ

ベーグルにはバターかクリームチーズを塗ることができます。

無料のバターもおいしいですが、0.8ドルでクリームチーズを塗るのがおすすめです。

「Plain」「Harb and garlic」「Lite」の3種類があり、ガーリックがおすすめ。

ベーグルの注文方法

ベーグルの注文方法は、

  • ベーグルの種類
  • トーストするか
  • バターもしくはクリームチーズをぬるか

を決めます。

たとえば、プレーンベーグルをトーストしてバターを塗りたい場合、

“Can I have a plain bagel toasted with butter please?”

と注文します。

シンプルにトーストするだけなら、

“Can I have a plain bagel toasted without butter please ?”

と注文でき、セサミベーグルをトーストしてガーリックのクリームチーズをぬってほしいときは、

“Can I have a sesame bagel toasted with harb and garlic cream cheese please?”

となります。

すこし長いですが、慣れれば簡単に注文できます。

セサミベーグルのクリームチーズが一番おすすめ

いろんな種類のベーグルを食べてみて、個人的にはセサミベーグルのクリームチーズがおすすめです。

ぷちぷちとしたゴマの食感と濃厚なクリームチーズと本当によく合います。

ヘルシーで値段も3ドルもしないのでコスパ抜群です。

まとめ

以上が、ティムホートンズの魅力とおすすめのメニューです。

僕が一番おすすめするのは、セサミベーグルのクリームチーズです。

安くて食べ応えもあってコスパ抜群です。

ただ、コーヒーは微妙なので、おいしいコーヒーが飲みたい人にはおすすめできません。

あわせて読みたい
トロントの住みやすさ。半年住んで感じた魅力と不便なところ
トロントの住みやすさ。半年住んで感じた魅力と不便なところ2019年の3月から半年間、ワーホリでトロントに滞在していました。世界中から移民が集まり、住みやすい都市上位にもランクインしている魅力的な街です。ただ、実際に住ん...

この記事を書いた人

1990年生まれ | 編プロ→ポスプロ→VFXデザイナー→カナダワーホリ→セブ島IT留学→マニラ現地採用 | TOEIC875 | フィリピン生活・英語学習・日々の暮らしについて書いています。

目次
閉じる