【ワーホリ】カナダ入国審査で保険加入・残高証明の提示はなかったけど

カナダにワーホリに行く際に、一番気になるのが入国審査。

年々厳しくなってきているらしく、一年分の保険加入証明書は必須、残高証明の提示も要求されたなど情報が錯綜しています。

どうやら、入国する都市、さらには担当する審査官によって求められる書類が異なるのが原因らしい。

今回はあくまで参考の一つとして、僕がカナダのバンクーバーにワーホリで入国した際に必要だった書類をまとめてみた。

結論から言うと、保険加入証明書・残高証明の提示は要求されませんでした。

バンクーバー国際空港からカナダに入国

カナダに入国したのは2019年3月1日。

関空から北京首都国際空港を経由しバンクーバー国際空港というルート。

大勢の中国人とともにバンクーバー国際空港に降り立ったのは、午前10時のこと。

人気のバンクーバーとはいえ、ワーホリで来ている日本人はほとんど見かけず。

右も左も分からない異国の地で、無事に入国できるのか不安に襲われたのを覚えています。

「BorderXpress Kiosk」で自動入国審査

飛行機を降りて前の人についていくと、入国審査のための広い空間に出ます。

そこには「BorderXpress Kiosk」という自動入国手続き用の機器がずらっと並んでいて、この機械を操作して各自入国手続きを行います。

操作の流れをざっくり紹介すると、

  1. パスポートの顔写真ページをスキャン
  2. 顔写真の撮影
  3. 左右の指紋の登録

初めてでも横の人のやり方を見ていれば、なんとなくわかるぐらい簡単です。

最後に紙がプリントアウトされて出てくるので、それを持って入国審査官が待つ列へと並びます。

ちなみに、この端末は日本語にも対応していて、英語に自信がないなら言語設定を日本語に変えよう。

入国審査官からの質問

列に並ぶこと20分。自分の番がまわってきました。

プリントアウトした紙を入国審査官に渡して、簡単な質問に答えます。

「どうしてカナダに来たの?」

「ワーキングホリデーです。」

「じゃあ、右側にあるイミグレーションオフィスに行ってちょうだい。」

ほかにもいくつか質問されましたが、どれも簡単な質問ばかりで拍子抜けしました。

指示されたとおり、イミグレーションオフィスに向かい、ビザ発行の審査・手続きをします。

注意したいのが、

この段階では、まだワーホリビザは発行されていないので、絶対に出口に向かわないように。

一旦外に出てしまうと、戻るのは困難です。

そして、このイミグレーションオフィスでの手続きが、ワーホリでカナダに入国する際の一番のネック。

イミグレーションオフィスでワーホリビザを発行

イミグレーションオフィスは荷物受取エリアのそばにあります。

先にスーツケースを受け取ってからイミグレーションに向かうも、なんと大きい荷物を持って中に入れないと言われる。

しかたなく入り口付近のポールにスーツケースをつないでオフィスに入ります。

こういうとき、ダイヤル式のワイヤーロックがあれば盗難防止に役立ちます。

「Students&Workers」の受付へ

中に入ると、「New Immigrants」と「Students&Workers」の2つの受付がありますが、ワーホリなら手前の「Students&Workers」へ向かいます。

大きな長椅子が用意されていて、自分の前いたのは2人だけ。

おそらく、かなり空いているほうでした。

これが、日本からの直行便だとワーホリの日本人で混雑するらしいです。

受付には3つぐらい窓口があり、呼ばれるまで座って順番を待ちます。

ワークパミット許可証のコピーは必須

「Next!」と呼ばれるので、審査官が待つ窓口に向かいます。

厳格な雰囲気の女性審査官で少し圧倒されましたが、パスポートとワークパミット許可証のコピーを渡します。

このときパスポートだけでなく、ワークパミット許可証のコピーがいるので絶対に忘れずに。

日本でプリントアウトして用意して行きましょう。

で、それらの書類を手に取って、鋭い眼光でチェックする女性審査官。

そして、なにやら裏で手続きを進め、発行されたビザを受け取りました。

保険加入・残高証明書の提示はなし

ここの審査も意外とスピーディーに終わりました。

ややこしい質問もされることなく、残高証明書・保険証書の提示も求められませんでした。

一応、日本からエポスカードの英文海外保険書(3か月間有効)を持ってきたんですが、使うこともなく。

もし提出を求められ、3か月では足りないと言われたら、現地で加入すると答える準備もしていたのに。

ワーホリビザの有効期限を確認

ここで忘れてはいけないのが、発行されたワーホリビザの有効期限を確認すること。

重要なのは、入国した日を含んだ1年間が有効期限になっているかどうか。

たまに有効期限が短かったりするそうなので要チェック。

もし、誤った情報が記載されていたら、その場ですぐに審査官に伝えて訂正してもらいましょう。

一度空港出てしまうと、戻れないと思います。

まとめ

以上が、カナダでの入国審査からワーホリビザを発行するまでの流れです。

あくまで僕が体験したバンクーバー国際空港での入国審査ですが、保険加入証明書・残高証明の提示は要求されませんでした。

もちろん空港や時期、その人によって違うと思うので、あくまで参考程度にしてください。

ご存知のように、カナダでワーホリするには、滞在期間(1年)分の医療保険に加入することが 義務づけられています。

保険に加入していない場合、最悪、入国を拒否される可能性があることを理解しておきましょう。