バスキングが盛んなトロント

トロントの街を歩いていると、バスキング(路上ライブ)をしているミュージシャンをよく目にする。

ダウンタウンのストリートや地下鉄の駅構内など。様々な人たちが、様々な音楽を演奏している。

駅構内にはバスキング用に指定された場所があり、ミュージシャンが日替わりで演奏しているのを目にする。

目次

駅構内でバスキングするミュージシャン

最寄り駅の構内で、ギター片手にバスキングをしている男性がいた。

甘いメロディに哀愁のある歌声が絶妙にマッチしていて思わず立ち止まる。

彼が歌っていたのは、ビートルズの「Here Comes The Sun」。 ジョージ・ハリスンの傑作。

優しいメロディラインを、さらに優しくギターで奏で、憂いを帯びた感情で歌い上げる。なにかが心に響いた。

ストリートミュージシャンのレベルが高い

トロントに来て感じるのは、ストリートミュージシャンのレベルの高さ。

海外の人は歌が上手いというが、歌唱力、表現力が優れていると感じる。もちろん平凡な人もいるが、日本と比べると上手いのレベルが高い。

それでもいつもは素通りするのだが、しっとりと名曲を歌い上げる姿に感動して初めてお金を入れた。

3ドルという大した金額ではなかったが、“Thank you sir. Have a great day.”と言われてグッときた。

彼の言葉には心からの感謝の気持ちがこめられていて、そう言われると今日という日が素晴らしい日になる気がする。“Have a great day.”には、それくらいの力があった。

彼が普段なにをしているのか、週末だけ演奏しているのかわからないが、また歌声を聞けたらと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

🇵🇭マニラからお届け

目次
閉じる