自作PC初心者におすすめの本2冊【2020】

動画編集用にPCを自作することになりました。

自作PCに関しては初めてだったので、必要な知識を身につけるた本を購入。

この記事では、初心者が自作PCを作るうえでおすすめの本を紹介します。

目次

自作PC初心者におすすめの本

『PC自作の鉄則!2020』

Amazonのレビューでも評判が良く、わかりやすかったのが『PC自作の鉄則!2020』。

書籍と雑誌を合わせたムック本で、

  1. 豊富な写真
  2. 見やすい表・グラフ
  3. わかりやすいイラスト
  4. 詳しい解説

と、PC自作初心者でも非常にわかりやすい内容になっています。

「パーツ選びの鉄則」として、各パーツごとに知っておくべき知識が網羅されていて解説も充実。

一般的に自作PCを作るのに必要なパーツは、

  • CPU&チップセット
  • マザーボード
  • メモリー
  • SSD
  • HDDグラフィックスボード
  • PCケース
  • 電源ユニット
  • OS
  • CPUクーラー

これらのパーツについて、写真・表・イラストを用いて解説してあり、読みやすく、視覚的にわかりやすい。

自作PC初心者なら、とりあえずこれ一冊読んでおけば、必要な知識はすべてそろいます。

『DOS/V POWER REPORT PC自作のキホン』

もう1冊、自作PC初心者におすすめなのが『DOS/V POWER REPORT PC自作のキホン』。

Kindle Unlimited会員は無料だったので読んでみたんですが、この本もわかりやすい。

PC自作手順を写真付きで解説した「PC自作ガイド」を読めば、全体のイメージをつかむことができます。

内容としては、最低限必要な知識は網羅されていますが、『PC自作の鉄則!2020』よりシンプル。

なので、ネットで調べたこともない超初心者は、最初にこの本を読むのがおすすめです。

まとめ

初心者が自作PCを作るうえで、おすすめの本を2冊紹介しました。

簡単にまとめると、

  • ネットで調べたこともない超初心者:『DOS/V POWER REPORT PC自作のキホン』
  • すこし知識があって詳しく知りたい初心者:『PC自作の鉄則!2020』

がおすすめです。

両方ともとてもわかりやすいので、読んでおいて損はありません。

この記事を書いた人

気になるガジェットやモノ、サービスなどについて紹介しています。

目次
閉じる