【PC自作】ド初心者が読んだ本2冊

仕事のPCはずっとMacを使ってきたんですが、予算の関係上、自作することになりました。

いままでPCの自作経験など一切なく、なにが必要で、どう選べばいいのかも検討もつかず。

ということで、手っ取り早く必要な知識を得るために、評判の良い入門書を購入。

この記事では、初心者がPCを自作するために読んだ本を2冊紹介します。

ちなみに、PCの用途は動画編集です。

『PC自作の鉄則!2020』

Amazonのレビューで評判が良さそうだったので読んだのが『PC自作の鉄則!2020』。

書籍と雑誌を合わせたムック本で、

  1. 豊富な写真
  2. 見やすい表・グラフ
  3. わかりやすいイラスト
  4. 詳しい解説

と、初心者でもめちゃくちゃわかりやすい内容になっています。

そして「パーツ選びの鉄則」として、各パーツごとに初心者が知っておくべきことが書いていて、解説もかなり充実。

一般的にPCを自作するのに必要なパーツは、

  • CPU&チップセット
  • マザーボード
  • メモリー
  • SSD
  • HDDグラフィックスボード
  • PCケース
  • 電源ユニット
  • OS
  • CPUクーラー

で、これらのパーツについて、写真・表・イラストを多様して解説してあるので、読みやすい、視覚的にわかりやすい。

PC自作初心者なら、とりあえずこれ一冊読んでおけば、必要な知識はすべてそろいます。

『DOS/V POWER REPORT PC自作のキホン』

2冊読んだうちのもう1冊がこの本『DOS/V POWER REPORT PC自作のキホン』。

Kindle Unlimited会員は無料だったので最初に読んでみたんですが、この本もわかりやすい。

内容としては、

  • 『PC自作の鉄則!2020』よりシンプル
  • そのぶん初心者ならこっちの方がとっつきやすい

ネットで調べたこともないような超初心者は、最初にこの本を読んでから『PC自作の鉄則!2020』を読めば、より理解しやすいと思います。

このムック本も写真満載で、特にPCの自作手順を写真付きで解説した「PC自作ガイド」がわかりやすい。

「ここのパーツはここにきて、こういうふうに自作するのねー」と初心者にとって一番重要イメージをつかむことができます。

Kindle Unlimitedに登録してる人なら、先にこっちを読んで、物足りなかったらもう一冊読むのが一番ですね。

一方、ネットですこし調べたり、ちょっとでも知識がある人は、より詳しく解説してある『PC自作の鉄則!2020』一冊で十分だと思います。

ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。