【イギリス英語】発音の特徴を学べるYouTubeチャンネル5選

イギリス英語は、発音やイントネーションが全然違いますよね。

同じ英語でも、アメリカ英語とは標準語と関西弁以上の差があり、これが簡単じゃないんです。

イギリス英語っぽく発音するには、やっぱり専門的に学ばなきゃだめ。

でもYouTubeを使えば、自宅で無料で学び放題。

今回は、イギリス英語の発音の特徴を学べるYouTubeチャンネルを紹介します。

English with Lucy

「English with Lucy」はイギリス人のルーシーさんが運営するYouTubeチャンネル。

スタートしたのは2016年ですが、わずか3年で登録者数180万人に達した大人気チャンネル。

ルーシーさんは、イギリス南部のベッドフォードシャー出身。

ウエストミンスター大学卒業後に、自身のチャンネルを開設して英語学習動画の配信をスタート。

もともと、フリーランスで英語を教える仕事をしていたそうで、初心者でもとってもわかりやすい内容になっています。

なかでも「イギリス英語っぽく発音する3つのコツ」は必見。

アメリカ英語ではRを発音するのに対し、イギリスではRを発音しない(後ろに母音が続かないかぎり)など。

具体的な例を混じえ、わかりやすく学習することができるおすすめのチャンネルです。

English Like A Native

「English Like A Native」はイギリス人のアンナさんが運営するYouTubeチャンネル。

エキゾチックで知的な雰囲気のアンナさんですが、見た目とはによらずとってもユニークな人。

700万回以上再生されている「SEX VOCABULARY」は、見てると思わず吹き出します。

いきなり歌い出したと思ったら、コントやモノマネをはじめたりと自由奔放。

ほかにも、イギリス各地のアクセントを紹介したりなど、興味深い動画が目白押し。

ユニークなアンナ先生のチャンネル、楽しくイギリス英語を学びたい人におすすめです。

ETJ English

「ETJ English」はイギリス人のエリオットさんが運営するYouTubeチャンネル。

「ホーム・アローン」のマコーレー・カルキンに似ているエリオットさん。

細かい子音の違いから、イギリス風のイントネーションのコツまで、幅広く紹介しています。

エリオットさんの言葉を借りれば、英語で一番重要な音は「シュワサウンド」。

この音をマスターすれば、より一層ネイティブに近い発音になるそう。

そして、イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いも、このシュワサウンドにあるとのこと。

人気YouTuberでありながら、ホームページからスカイプでの個人レッスンも受け付けています。

真剣にイギリス英語の発音を身に付けたい人におすすめ。

Eat Sleep Dream English

「Eat Sleep Dream English」はイギリス人のトムさんが運営するYouTubeチャンネル。

親しみやすい人柄で、熱いレッスン動画が特徴のトムさん。

イギリス英語の発音に関する動画はもちろんのこと、イギリスの文化や伝統、生活なども学べちゃいます。

実際のロンドンでの生活を紹介した動画や、定番のスターバックスでの注文方法などなど。

発音だけでなく、イギリスの文化を知りたいにおすすめです。

KoreanBilly

「KoreanBilly」は韓国人のビリーさんが運営するYouTubeチャンネル。

韓国で生まれ育ったビリーさんですが、イギリス英語の発音はプロフェッショナルです。

イギリス各地方のアクセントを真似する動画はアジア人とは思えず、BBCやITVの目にとまり一躍有名人に。

イギリス英語と一口にいっても様々な方言があり、それをノンネイティブのビリーさんが話しわけるのは驚愕。

見ていていろいろ勉強になります。

まとめ

YouTubeを使えば、イギリス英語の発音の特徴が簡単に学べます。

しかも、内容がとってもわかりやすく、初心者でも気軽に学習できます。

韓国人のビリーさんがイギリスの方言まで習得したのを見ると、努力すれば全然いけるでしょう。

英語は発音が大事。おすすめのYouTubeチャンネル5選