初めての海外一人旅。ブリスベンの記録

初めての海外一人旅はオーストラリアのブリスベンだった。

シドニーでもメルボルンではなく、なぜブリスベンかというと、人とは違う場所に行きたかったから。

もうかれこれ2年近く経つが、右も左も分からず、ダウンタウンを歩き回ったときの写真を紹介しておく。

目次

初めての海外一人旅。ブリスベンの記録

ブリスベンに到着して最初に撮影した一枚。ホステルでチェックインを済ませ、フェリーに乗ってダウンタウンに向かう。

ブリスベンはオーストラリア第三の都市だが、とてもコンパクトな街という印象を受けた。

街を歩いていて気づいたのは、白人以外の人が多い。昨今中国やインドからの移民が増えているよう。

そしてなによりも感じたのは、のんびりした雰囲気が漂っていること。

なんだか街全体がスローで動いているようで、とてもゆったりとした時間が流れている。

今回宿泊したのはブリーズロッジという格安ホステル。男女共同の6人部屋で、一泊2000円ぐらい。

初めてのドミトリー部屋で不安しかなかったが、たまたま同じ部屋に日本人の女性がいてすこし救われた。

そして初めて猛烈なホームシックに襲われた。

短い滞在だったが、ブリスベンののんびりした雰囲気が忘れられない。

目次
閉じる