コーヒー代を節約するためにスタバでコーヒー器具を購入

毎日のコーヒー代はバカになりません。

1杯200円のコーヒーを毎日飲むと、1年間で72,000円の出費です。

ちょっとした旅行に行ける金額ですし家賃より高い。

コーヒー代を節約するために、スタバでコーヒー器具を購入して自宅で淹れることにしました。

目次

毎日のコーヒー代は意外と高い

今フィリピンにいるのですが、毎日コーヒーを飲んでいます。

注文するのは決まっていて、BO’s Cofeeのアメリカーノ、1杯170円。

1年間毎日飲んだとすると61,200円と、バカにならない金額。

これが1日2杯以上だったら、年間10万円以上コーヒー代に使っていることになります。

日本でもコンビニコーヒーだと100円で購入できますが、それでも年間36,000円以上。

デジハリでAdobeの1年間分のサブスクリプションが購入できます。

あわせて読みたい
Adobe CCを安く買うならデジハリのAdobeマスター講座がお得 Adobe CCを安く使う方法はいくつかありますが、僕がいつも使っているのがデジハリのAdobe(アドビ)マスター講座。 1年間のAdobe Creative Cloudのライセンスが39,980円...

自宅でコーヒーをいれて職場に持っていくことに

なので自宅でコーヒーをいれて、職場に持っていくことにしました。

スタバで豆を買ってきて自分で淹れると、1杯40円ぐらいに出費を抑えることができます。

余談ですが、フィリピンのセブンイレブンはコーヒー1杯55円。

「安い!」と思って何度か買ってみましたが、不味くて飲み続けられませんでした。

物価が安いとはいえある程度のコーヒーを飲もうとすると、フィリピンでもそんなに日本と変わりません。

むしろ、日本のセブンイレブンの100円コーヒーの方がコスパは上。

スタバで購入したコーヒー器具

フレンチプレス

近所のスタバに行って購入したのがフレンチプレス。約3,000円でした。

本当は一回り小さいサイズがほしかったのですが、大きいサイズしかなく。

使い方は簡単で、豆をいれてお湯を注いで数分待つだけ。

ドリップコーヒーと違い、お湯を小分けにして注ぐ手間がないので楽。ペーパーフィルターもいりません。

ちなみにこれはBODUM(ボダム)というデンマークのメーカーとスタバがコラボした商品。

BODUMといえばフレンチプレスが有名で、アマゾンでも人気です。

コーヒーミル

今回自分で挽くのがめんどくさかったので、コーヒーミルは使わないことにしました。

日本にいるときはアマゾンで買ったHARIOのコーヒーミルを使っていました。

安くて手入れもしやすいので、はじめてコーヒーミルを買う人におすすめ。

タンブラー

そしてスタバで購入したタンブラー。約3,000円でした。

自分で淹れたコーヒーを職場に持っていくのに必要。

あんまり大きいとリュックにいれたときに邪魔になるので、なるべく小さいのを選びました。

手入れのしやすさと保温性も考えて、ステンレスのタンブラーです。

まとめ

毎日のコーヒー代を節約するために、スタバでコーヒー器具を買って自分でコーヒーを淹れるとにしたという記事でした。

明日からいつもよりすこし早く起きなければいけませんが、頑張って出費を抑えたいと思います。

あわせて読みたい
目覚めの一杯がやばい?デカフェでカフェインレス生活をはじめる コーヒーが好きだけど、カフェインに弱い。 毎朝コーヒーを飲むと、嗚咽が起こる。 でもコーヒーが好きだから、飲むのを止められない。 ということで、スタバのデカフェ...
あわせて読みたい
自宅コーヒー初心者におすすめの道具一式。安くて使いやすい器具 最近コーヒーにハマって自宅で美味しいコーヒーを淹れてみたいと考えている初心者の方に向けて。 それなりに美味しいコーヒーにこだわってきた僕が、安くて簡単に淹れら...
あわせて読みたい
コーヒー用にタニタの洗えるクッキングスケールを購入。かなりいい 去年から家で本格的にコーヒーを淹れるようになって、いろいろ器具を試しています。 ドリッパーにサーバー、ミルやポッドなど一通り買いそろえて、唯一持っていなかった...
目次
閉じる