【ビズメイツ】レベルチェックをTOEIC875点の僕が受けてみた

ビジネス特化型のオンライン英会話といえば、ビズメイツ(Bizmates)。

一流の講師陣をそろえた業界屈指のハイクオリテイーのレッスンで知られ、初回のレベルチェックは厳しいことで有名。

TOEIC875点、フィリピンで働く僕が、ビズメイツのレベルチェックを受けたので結果を紹介。

【公式】Bizmates(ビズメイツ)

目次

ビズメイツのレベルチェックの結果

結果は、レベル1のランクC。

レベル1とは「中学レベルの英語を使って、相手に自分の意思を伝えられるようになる」というレベル。

ランクCとは「ショートストーリーを通じて、基本的な文方やビジネス英単語を強化する」というのが目標で、レベル1の中間にあたる。

つまり、ビジネス英語の基礎からスタートするのがレベル1のランクCで、85%の受講者がレベル1か2なのを考慮すると、平均レベル。

講師のフィードバックによると、強みはリスニングで、弱みは発音。頭の中で日本語から英語に翻訳するのを止めて、英語力を上げたいという熱意だけは伝わったよう。

【公式】ビズメイツ無料体験レッスン

僕自身の英語力

僕自身の英語経験や英語力について紹介すると、

  • IELTS6.0(2018年10月)
  • カナダワーホリ半年(2019年3月-8月)
  • TOEIC875点(2019年10月)
  • セブ島留学3か月(2019年12月-2020年2月)
  • フィリピンで英語を使って働く(2020年3月-)

普通の日本人より英語を聞いたり、話したりするのに慣れているレベル。

あわせて読みたい
TOEIC800点達成!おすすめの参考書3選
TOEIC800点達成!おすすめの参考書3選先日受験したTOEICで875点を取得した。こつこつ英語の勉強を続けてきて、初めて800点越えを達成できたのは素直にうれしい。ということで、使ってよかったおすすめの参考...

レアジョブのスピーキングテストの結果

同じタイミングでレアジョブのスピーキングテストも受けてみた。結果はレベル7で中級レベル。

CEFR(セファール)に換算するとB1Highで、「身近な話題や個人的に関心のある話題について、筋の通った簡単な文章を作ることができる」というレベル。

英語力でいうと中級レベル。ちなみに、無料体験レッスンでレベルチェックテストを受けられる。

ビズメイツのレベルチェックは厳しい

やはり、初級レベルと診断されたビズメイツのレベルチェックは、レアジョブに比べると厳しい。

思ったより自分の英語力が低いと診断されても、落ち込む必要はない。

レベル1のランクCという結果だが、フィリピンで英語でコミュニケーションをとりながら働くぶんには問題なし。

欧米の外資系なら話は別かもしれないが、フィリピンでフィリピン人とコミュニケーションをとるには十分。

ビズメイツをはじめようと思った理由

フィリピンで英語を使いながら働いているが、今回ビズメイツを始めようと思った理由として、

  • スピーキング力の維持・強化
  • ビジネス英語の習得

リモートワークが中心で、フィリピンで生活していても、なかなかスピーキング力が上がらないと感じたのがきっかけ。

また、自分のキャリアのためにも、ビジネス英語を学んでおいた方がいいと。レベル1のランクCは悔しいので、毎日レッスンを受けてレベルアップしていきたい。

自分の英語力を試してみたい人は、無料体験レッスンでレベルチェックテストを受けられる。

【公式】ビズメイツ無料体験レッスン

あわせて読みたい
レアジョブvsビズメイツ。ビジネスコースを1か月受講した感想
レアジョブvsビズメイツ。ビジネスコースを1か月受講した感想ビジネス英語が学べるオンライン英会話と言えば、レアジョブとビズメイツ。実際どっちがいいのか、1か月間両社のレッスンを受講した感想を紹介します。結論から言うと、...
あわせて読みたい
DMM英会話vsレアジョブ。初心者向けに比較します
DMM英会話vsレアジョブ。初心者向けに比較します「英語初心者だけど、DMM英会話とレアジョブ英会話どっちがいいかわからない」僕もさんざん悩んだ結果、両方のレッスンを受講。その経験から、講師教材料金プランなど、...
あわせて読みたい
【評判】ネイティブキャンプ無料体験の感想!初心者におすすめです
【評判】ネイティブキャンプ無料体験の感想!初心者におすすめですはじめて「Native Camp(ネイティブキャンプ)」の無料体験を受けてみました。24時間いつでもレッスン受け放題7日間無料トライアルと評判のネイティブキャンプです。「...

この記事を書いた人

1990年生まれ。大学卒業後、編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社を経てカナダへ。その後、紆余曲折を得て現在はフィリピン。散歩とコーヒーが好き。

目次
閉じる