グルメ

フィリピンの朝食。ビーフタパ(Beef Tapa)とは

フィリピンに来て最近知った料理の一つが、ビーフタパ(Beef Tapa)。

はじめて名前を見たときは想像すらできなかったんですが、簡単に言えばビーフジャーキー。

フィリピンの朝食の定番の一つです。

ビーフタパ(Beef Tapa)とは

ビーフタパとは、牛肉を塩漬けにしてスパイスで味付けした一品で、ビーフジャーキーみたいな料理です。

もともとは保存食として、塩漬けにしたのを乾燥させて食べていたようです。

いまでは保存食というより、フライパンで炒めたものが主流になっていて、フィリイピンの朝食の定番として知られています。

庶民の人たちがローカルの食堂で食べたり、タパ専門のお店もあったりするなど、フィリピン人にとって欠かせない料理の一つです。

ちなみに、タパといえば一般的には牛肉が多いですが、イノシシや鹿、馬肉などのタパも存在します。

この記事を書くにあたって、いろいろ調べてみたんですが、日本語の情報があんまり出てこなかったので、知名度はあんまりないのかもしれません。フィリピンの定番料理のわりには。

ビーフタパを食べてみた

実際にビーフタパを食べてみたので紹介します。ロックダウン中で外食は禁止されているので、デリバリーで注文しました。

「Tapa King」という、クラシックスタイルのフィリピン料理を提供しているチェーン店です。

フタを開けるとこんな感じ。見た目はすごい質素ですね。

これがビーフタパです。ちょっとお肉は固めなんですけど、旨味が凝縮されていておいしいです。塩加減も絶妙で、ご飯がすすみます。

これはアチャラというパパイヤの漬物です。日本のなますに似ています。

風味は完全に漬物なんですが、パパイヤなんで甘いのが特徴ですね。

はじめて食べたときは、なにかよくわからず、どうして甘いのか不思議でしたが、肉料理の付け合わせでよく出てきます。

こちらはガーリックライスです。ガーリック加減が絶妙で、これだけで何杯も食べられるくらいおいしいです。

これらビーフタパ、ガーリックライス(シナガッグ)、目玉焼き(イトログ)を合わせて、タプシログと呼ばれます。

それぞれの頭文字、Tapa(ビーフタパ)、Sinangag(シナガッグ)、Itolog(イトログ)をとって、Tapsilog(タプシログ)です。

値段は159ペソで、日本円だと340円ぐらい。ローカルの食堂にいけば、もっと安く食べられると思います。

これは「Tapa King」のロイヤルミールBです。先ほどのタプシログより、すこしグレードがアップしたやつです。

見てわかるように、おかずの数が少し増えています。

これはバンガス(Bangus)っていうミルクフィッシュです。フィリピンを代表する魚で、お店などでもよく目にします。

日本の焼き魚にそっくりで、サバが一番近いと思います。

ビーフタパと、ロンガニーザ(Longaniza)というフィリピンのソーゼージです。

チョリソーに似ていて、これもフィリピンの朝食の定番の一つです。

イトログ(Itolog)という目玉焼きですね。

ロイヤルミールは189ペソなので、日本円で約400円です。

どっちの朝食も見た目は質素ですが、味は意外とおいしいと思いますね。

日本人の口にも普通に合うと思います。

フィリピンに生きる「困窮邦人」の存在に驚愕フィリピンについて最近知った事実の一つが、困窮邦人の存在。 アマゾンで『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」という強...
ABOUT ME
宮本鉄馬
宮本鉄馬
アラサー。マイペース。人見知り。編集プロダクション→ポストプロダクション→映像デザイン会社→ワーホリでカナダ、現地就職に失敗→セブ島でIT留学、プログラマーを断念→フィリピンで働く。何気ない日々のことを書いています。