『あるヨギの自叙伝』ジョブズが愛した唯一の本

『あるヨギの自叙伝』という分厚い本がある。

パラマハンサ・ヨガナンダというヨガを世界に広めた人物の自叙伝で、Appleの創業者スティーブ・ジョブズがiPadに唯一入れていた本としても知られる。

目次

『あるヨギの自叙伝』パラマハンサ・ヨガナンダとは

『あるヨギの自叙伝』はパラマハンサ・ヨガナンダという伝説的なヨギによる自叙伝。

ヨガナンダはヨガを世界に広めた人物で、「西洋ヨガの父」として称えられている。

幼い頃から特別な体験を通し、霊的なインスピレーションを獲得していたいうヨガナンダ。

本書はそんなヨガナンダの摩訶不思議な生涯を通して、人生について深い教訓やヒントを与えてくれる。

不思議なエピソードの数々

たとえば、ヨガナンダが幼少時にアジャ・コレラにかかり瀕死の状態をさまよっていたときのこと。

すでに医師も手の施しようがない絶望的な状態だったが、母が壁に掛けられている大師ラヒリ・マハサヤの写真を指して叫んだ。

言われた通りヨガナンダが大師に祈りを捧げると、突然まばゆい光が部屋全体を包みこみ、吐き気などの症状が消え、病気はうそのように治ってしまったという。

しかもこの大師ラヒリ・マハサヤ、写真を撮られるのが大嫌いで、弟子たちと一緒に写真を撮っても大師だけ映らなかったとか。

こんなのはまだ一部で、本書では摩訶不思議な人物や教訓めいたエピソードが次々と登場しとても興味深い。

分厚い本でまだ序盤しか読んでいないが、人生に迷っているときに何かヒントをくれそうな、ゆっくり時間をかけて読んでいきたい本。

スティーブ・ジョブズがiPodに入れていた理由もいつかわかるかもしれない。

あわせて読みたい
2020年に読んでよかった本ベスト5
2020年に読んでよかった本ベスト5今年こそはたくさん本を読もうと思うも、なかなか読めなかった2020年。おそらく15冊ぐらいかな、数としては少ないですが、その中から読んでよかった本を紹介します。【2...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる