体験談

オーストラリアのワーホリビザ申請。発給までの期間は?

先日オーストラリアのワーキングホリデービザの申請を一人でしました。

  • 「ビザの申請って難しそう」
  • 「時間もかかるしめんどくさそう」

わかります。でも、オーストラリアのワーホリビザの申請はとても簡単ですぐ終わります。

実際あまりにも簡単に取得できたんで驚いています。

なぜなら、

  • 申請はすべてオンライン
  • PCがあれば1時間で申請が終わる
  • 早くて数時間でビザが発行される

と一人で楽勝でできちゃいます。

今回は、オーストラリアのワーキングホリデービザの基本情報や申請方法について紹介したいと思います。

オーストラリア・ワーキングホリデーの基本情報

対象年齢18歳〜30歳(ビザ申請時の年齢)
入国期限ビザが発給されてから1年以内
滞在可能期間1年(3ヶ月の延長が可能)
年間ビザ発給数無制限

まずビザ申請時の年齢条件ですが18〜30歳です。これはほかのワーキングホリデーの協定国とほぼ一緒ですね。

ただ、条件はあくまで申請時の年齢で、30歳のうちに申請して渡航のタイミングで31歳になっていて大丈夫です。

また、オーストラリアのワーホリビザの最大の特徴はビザ発給人数に制限がないこと。

イギリスだと1000人、カナダだと6500人というように毎年ビザの発行数が決まっているんですよね。

それがオーストラリアのワーホリビザは無制限なのでとても寛大です。

オーストラリア・ワーホリビザ申請に必要なもの

オーストラリアのワーホリビザ申請に必要なものは以下の4つです。

  • パソコン
  • メールアドレス
  • パスポート
  • クレジットカード

申請はスマフォやタブレットでも可能なようですが、パソコンで申請した方が絶対いいです。

オンライン申請はすべて英語なので、英語で住所や個人情報を入力したり質問に答えたりするのですが、ネットで調べながらじゃないとやりにくいです。

また申請に際してパスポートの情報を入力しなければいけず、ビザ発行料をクレジットカードで支払う必要があります。

VISA、JCB、マスターカード、ダイナースカード、アメリカンエクスプレスが使えます。ほかにもデビットカード、PayPal、UnionPay、BPAY(オーストラリアの銀行口座のみ)での支払いにも対応してます。

オーストラリア・ワーホリビザ申請の基本的な流れ

まずはじめにオーストラリア移民局のホームページで「ImmiAccount」を作成。

この移民局のアカウントがなければワーキングホリデービザの申請ができませんので要注意。

「ImmiAccount」を作成したらオーストラリア移民局のホームページにログイン。

そのままオンラインでワーキングホリデービザの申請を行います。

オンライン申請の最後に、ビザ発行費用としてクレジットカードで450豪ドルを支払います(2018年12月現在)。

早くて数時間後にビザ発給完了のメールが届きます。

申請から発行までにかかる期間

僕はオンラインでビザの申請が完了してから、18分でビザ発行完了のメールが届きました。

平日の昼間に申請したんですが、こんなに早く来ると思ってなかったので逆に心配になりました。

基本的に1週間以内、早くて数時間で申請結果が来る人が多いようです。

ビザの発給が承認されると登録したメールアドレスに「IMMI Grant Notification」というタイトルのメールが届きます。

また「IMMI Grant Notification」というpdfが添付されていて、発給されたビザの条件が確認できるようになっています。

まとめ

以上が、オーストラリアのワーキングホリデービザに関する情報と申請方法です。

パスポートとクレジットカードさえあればすぐに申請できちゃいます。

もしワーホリに行こうか悩んでいる人がいたら、まずはビザの申請をしてみましょう。

行きたいけど「忙しいから無理」なんて人も、一回申請して自分を奮い立たせるのもあり。

一旦ビザが発行されると1年以内に出発しなければ無効になりますから。

ABOUT ME
Kenta
Kenta
写真・カメラ・映像制作。ワーホリ→セブ島留学→海外就職。時間と場所に縛られずに生きる。 お問い合わせはこちら
こちらの記事もおすすめ