フィリピンで野良犬に襲われたら走って逃げるはアウト

ロックダウン生活に退屈して、好奇心からローカルエリアに足を踏み入れたら、野良犬に襲われた。

幸いそばにいた若者が、足を踏み鳴らして追い払い、九死に一生を得た。

野良犬に襲われるのは生まれて初めてだったので、軽くトラウマになった。

どうするのが正解なのか、いろいろ調べてみると、走って逃げるのはアウトだった。

目次

マニラのローカルエリアで野良犬に襲われる

フィリピンがロックダウンされて半年のこと。

BGC内の生活に退屈して、好奇心からローカルエリアに足を踏み入れた。

ゲートを越え、細い路地を歩いていくと、庶民が生活するエリアが広がっていた。

刺激的な光景に目を奪われ、もっと奥まで行きたいと思ったが、無闇に歩き回るのも危険なので引き返すことに。

来た道を戻ろうとすると、3匹の野良犬が目の前の路地を塞いでいた。

ヤバいかもと思い、恐る恐る通り過ぎようとすると、一匹が突然吠えてきて、ダッシュで逃げた。

後ろを振り返ると、3匹が一斉に追いかけてきて、ヤバい、死ぬと思ったが、たまたま近くにいた男性が足を踏み鳴らして野良犬たちを追い払ってくれた。

間一髪で救われたが、野良犬に襲われたのは初めてだったので、トラウマになった。

言うまでもなく、フィリピンで野良犬に噛まれると、狂犬病にかかる可能性があり、発症すると助からない。

日本でワクチンも打っていないので、九死に一生を得た経験だった。

フィリピンで野良犬に襲われたら走って逃げない

野良犬に襲われるのは初めてだったので、いろいろ調べてみると、走って逃げるのはダメらしい。

犬は走っているものを追いかける習性があるので、走ると追いかけられてしまう。

確かにあのとき、突然吠えられて走って逃げたから、犬たちが追いかけてきた。

吠えられても、毅然とした態度で立ち向かい、落ち着いて歩き去るのが正解とのこと。

フィリピンで生活する上では野良犬は避けて通れない存在なので、しっかり肝に銘じておきたい。

目次
閉じる