Amazonベーシックの三脚が3,000円とコスパ抜群

家で動画を撮るために、Amazonベーシックのカメラ三脚 150cmを購入した。

3,000円という手頃な値段ながら、

  • 約1.4kgと軽量
  • 最大約158cmの高さ
  • スムースな3WAY雲台
  • 重さ2.9kgのカメラまで使用可能
  • 2つの水平器を内蔵

と結構しっかり使えるので、初心者が初めて買う三脚としておすすめ。

ということでAmazonベーシックのカメラ三脚 150cmをについて紹介します。

目次

「Amazonベーシック カメラ三脚」レビュー

約1.4kgと軽量

こちらがAmazonベーシックのカメラ三脚 150cm 3段 3WAY雲台 アルミ 収納ケース付き。

届いたときは細長いダンボールに入っていて、全長約60cmとコンパクト。

しかも重量は約1.4kgと軽い。ひょいっと持ち上がる。

ケースにはストラップが付いているので、肩にかけて持ち運びもできる。

ちなみに、ケースの内側はナイロンで、破れにくいのもポイント。

ケースから取り出してみるとこんな感じで、脚はアルミでできている。だから軽い。

かといって、安っぽさはなく、むしろスタイリッシュに見える。

3,000円という値段であまり期待していなかったが、結構しっかりしている。

以前、激安の中華製三脚を購入して、あまりに安っぽい作りに後悔したが、これは値段のわりにかなりいい。

この時点で買って正解だったと確信。さすがコストパフォーマンスの良さに定評のあるAmazonベーシック。

今回、家で動画を撮影するために購入したが、コンパクトで場所をとらないのは非常に助かる。

最大で約158cmの高さで使用可能

まずは、2段脚をフルに伸ばした状態。これで高さは、約130cm。

手で抑えてみても、全然グラグラしない。軽いけど安定感はある。

脚の固定・解除はレバー式。カチッとしっかり固定される。

さらに、後ろのクランクをくるくる回すと、センターポールが伸びる。

これで高さはマックスの状態で、約158cm。

載せているのは、α7C+SEL2860の世界最軽量フルサイズセット。

ただ、センターポールは細くて少し頼りない感じはする。まあ室内とかなら問題なく使えるレベル。

スムーズな3WAY雲台

カメラと三脚を取り付ける雲台は、3WAY雲台。

ハンドルを持って上下にチルト。

横方向のパンも、スムーズで特に問題なし。

ネジを回せば、好きな角度でしっかり固定できる。

載せているのはα7C+SEL2860のセット(約676g)だが、最大2.9kgまで使用可能とのこと。

また、脚の上とカメラプレートの2か所に水平器がついていて、しっかり水平を確認できる。

クイックシューはロック式で、カチッと取り外すことができる。

ちなみに雲台自体を取り外すことはできない。

脚の先端はゴム製の可動式

脚の先端はゴム製の可動式になっていて、安定したポジションを確保することができる。

フローリングの上に設置しても滑らず、安定して三脚本体を支えてくれる。

ということで、あらためて特徴をまとめると、

  • 約1.4kgと軽量
  • 最大約158cmの高さ
  • スムースな3WAY雲台
  • 重さ2.9kgのカメラまで使用可能
  • 2つの水平器を内蔵

と、3,000円という手頃な値段のわりに、かなりしっかりしていて、初心者が初めて買う三脚としておすすめ。

さすがAmazonベーシック、コストパフォーマンス抜群の三脚。

あわせて読みたい
【作例】ライカQを購入して後悔はなし。ブログに最適です LEICA Q (Typ116)を購入して以来、ブログや日常の写真はライカQで撮っています。 フルサイズの解像度に、空気まで写す圧倒的な描写力。 自分が撮りたいと思った以上の...
あわせて読みたい
SONYα7Cズームレンズキットを購入。作例と一緒に買ったもの SONYα7C ILCE-7C ズームレンズキットを買いました。 定番のαシリーズの新機種で、Compactを意味するCが付いた小型軽量モデル。 キットレンズと合わせた重さは約676gで、...
目次
閉じる