瀬戸内寂聴『愛することば あなたへ 』が愛に関する名言だらけ

瀬戸内寂聴さんの愛にまつわる名言を集めた『愛することば あなたへ 』。

愛について調べていたらたまたま見つけて、素晴らしい言葉の数々に感動。

冒頭の「人は愛するために生まれてきた」という言葉に始まり、

「愛とは自分以外の人の心を想像し、その願いを叶えてあげたいと思うやさしさ」

「誰かを愛した瞬間から苦しみが伴う」

「相手の我執を許せるのが愛」

「覚悟のない恋愛はだめ」

「本当の恋愛というのは人を傷つける」

「愛というものは、報酬を求めないもの、与えるだけのもの」

「愛される前に私は愛し、愛することによって愛されるようになる」

など。心に響く言葉の数々で、波乱万丈の人生を歩んできた瀬戸内寂聴さんだからこその説得力にあふれている。

本書は全部で6つのテーマから構成されてるが、最初の「男と女」「くるしみ」だけでも読む価値あり。

読んだあとは純粋に人を愛したいなっていう気持ちになる。

お釈さまは、「この世は苦だ」とおっしゃいました。苦しむために人はこの世に生れるのでしょうか。(中略)いいえ、そんなことはありません。この世で苦しみにあう度、人間の心はきたえられ、ねられ、強くなります。自分が苦しんだことによって他者の苦しみが想像できます。自分が辛かったことをかえりみて、他者の苦しみを少しでもやわらげてあげたいと思います。これが「思いやり」で「思いやり」こそが愛なのです。

瀬戸内寂聴著『愛することば あなたへ 』
あわせて読みたい
『怒らない 禅の作法』に学ぶ怒らないための習慣 多くの人が、毎日ちょっとしたことで怒りを感じる。 電車で肩がぶつかってイラっとしたり、上司に文句を言われてカチッときたり。 頭ではわかっていても、うまくコント...
あわせて読みたい
2020年読んでおもしろかった本ベスト5 今年こそはたくさん本を読もうと思うも、なかなか読めなかった2020年。 おそらく15冊ぐらいかな、数としては少ないですが、その中から読んでよかった本を紹介します。 ...
あわせて読みたい
自立とは周りの人のためを考えて生きていくこと 最近読んだ『愛とためらいの哲学』にこんな一節が書いてあってぎくっとした。 本当の愛を知った人は、「私」だけが生きていても意味がないと思うようになります。自分が...
目次
閉じる