After Effects初心者におすすめの本3選

After Effectsがあればなんでもできる。

本格的な合成からモーショングラフィックス、アニメーションまで。映像制作には欠かせないソフト。

ただ、多機能ゆえに初心者が学ぶには難しく、挫折する人が多いのも事実。

僕も同じように苦労した経験から、初心者がAfter Effectsを学ぶのにおすすめの本を3冊紹介。

目次

After Effects初心者におすすめの本3選

『After Effects FIRST LEVEL:ゼロからはじめる映像制作基礎テクニック』

まず初心者におすすめなのが『After Effects FIRST LEVEL:ゼロからはじめる映像制作基礎テクニック』。

本書のテーマは、After Effectsを効率良く習得するための「土台作り」。

色の三原則など基礎知識の解説からはじまり「ここだけは押さえておきたい 」という基本にフォーカスした内容。

初心者でもゼロから確実に学ぶことができ、映像の知識がない人、After Effectsを使ったことない人に最適。

電子書籍にも対応しているので、パソコンでKindleアプリを開きながら学べるのもポイント。

『はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects』

もう一冊、初心者向けとして評判なのが『はじめよう! 作りながら楽しく覚える After Effects』。

本書のコンセプトは「とりあえずこの機能を、こんな手順で作ってみよう」

第1章から星を飛ばす特殊効果を作成していくなど、実際に手を動かして学ぶことを重視している。

After Effectsの使い方を広く浅く理解して、初心者が最初にぶつかる壁を乗り越えることが本書のテーマ。

著者自身も苦労してAfter Effectsを習得した経験から、ほかの入門書とは違ったアプローチで、楽しく学べるようになっている。

基礎知識にフォーカスしつつも、とにかく手を動かして学びたい人に最適。

『After Effects NEXT LEVEL : 豊富な作例で学ぶ映像制作プロテクニック』

脱初心者用におすすめなのが『After Effects NEXT LEVEL : 豊富な作例で学ぶ映像制作プロテクニック』。

一番最初に紹介した本のワンランク上の解説書で、本格的にAfter Effectsを学びたい人向け。

映像制作の現場で求められる実践的なテクニックや演出、魅力的な作品作りまで目から鱗の内容。

CINEMA 4D Liteの作例も学べるので、3Dで差をつけたい人にも最適。映画やCMなどハイレベルな案件に携わりたい人は必読。

After Effects初心者向けのオンラインコース

Udemyという世界最大のオンライン学習プラットフォームで、After Effectsを学ぶのもあり。

メリットとして、

  1. 動画なのでわかりやすい
  2. レビューが豊富
  3. 買い切りなので何度でも視聴できる
  4. 30日間全額返金保証

など、逆にデメリットとしては、

  1. セール時以外は値段が高い
  2. コースの種類が豊富で迷う

たとえば、After Effects初心者向けコースとして人気なのは2つ。

30日以内なら全額返金可能なのは大きい。

【公式】Udemyでコースを探す


After Effectsで挫折しないために

初心者にとってAfter Effectsは難しいソフト。ある程度使えるようになるまで時間がかかる。

ただ、途中でやめてしまっては意味がない。月並みだが何事も続けることが大切。

なので、毎日After Effectsを触ること。

毎日10分でいいからAfter Effectsを触る。3日やって3日サボるのではなく、毎日少しづつ積み重ねるのが大切。

あわせて読みたい
映像制作・動画編集におすすめのペンタブ2選
映像制作・動画編集におすすめのペンタブ2選普段仕事でペンタブを使っています。動画編集や映像制作がメインで、ソフトはアフターエフェクトとプレミアプロ。今回はペンタブ選びの参考として、僕が使っているペン...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる