マニラの路地裏。住宅街にあるPCショップに行く

スペックの高いPCに乗り換えようとPCパーツ専門店に行ってきた。

マニラでは有名なPCショップなんですが、地図を見ると地元の人しか行かないような住宅街のど真ん中にある。

これはいい機会だなと思い、ついでに周辺の路地裏を散策してきました。

目次

マニラの路地裏。住宅街にあるPCショップに行く

Grabに乗ってやってきたのは、マカティのPalananというネイバーフッド。市内の中心から離れたローカル感満載のエリア。PCショップがあると知らなかったら絶対来ないような場所です。

マカティの中心街からは2km近く離れていて、まさに場末のようなエリア。Palananという名前も初めて知りました。

用がないなら絶対来ない場所ですが、人気のPCショップがあるということで路地を歩いていきます。

外国人がいないエリアなのですこし警戒しますが、思ったほど治安は悪くなさそう。住宅街ですが、道も広くてそこまで汚くない。

雰囲気は完全にローカルですが、スラムのような貧困エリアではありません。

道も広いので比較的安心して歩けます。野良犬もあんまりいませんでした。

細い路地を入った先で、お目当てのPCショップの看板を発見。

こちらがそのお店。こんなローカルエリアの一角に、人気PCショップがあることにびっくりです。

ご覧のようにテクノロジーとは程遠い立地。店内は2名までしか入れず、外ではお客さんが並んで待っています。

こんなパーツでとお願いして、出してもらった見積もり。店内はPCパーツが山のように積み上がっていて倉庫のよう。英語で話しかけているのに、タガログ語で返され続けるという意地悪をされましたがフレンドリーです。

最初にタクシーで来たCash & Carry Mallに戻ってきました。中は入っていませんが、結構古いモールのようです。

この通りをまっすぐ行くとマカティの中心街の方です。

高架のある大通りを越えます。

線路を発見。草がボーボーで廃線かと思ったら現役でした。

やたら中国料理屋が多いビル。

けたたましい鐘の音が鳴り始めると、交通整理の人が線路を塞ぎます。

そして電車が通過。遮断機がありません。

フィリピンの電車をこんなに間近でみたのは初めて。ちょっとうれしい。

マカティの中心街に向かって歩いて行きます。

高層ビルが近くに見えてきました。

高級エリアのレガスピ・ビレッジに到着。ここはすでにマカティの中心街です。

先日行きそびれたGarudaというインドネシア料理店でナシゴレンを食べる。インドネシア大使館の目の前にあるだけあって美味しい。

レガスピ・アクティブ・パークに集まる人々。

やっぱり高級エリアですね。

あわせて読みたい
マカティの代官山レガズピ・ビレッジを歩く マカティの高級エリア、レガズピ・ビレッジを散策してきました。 都会の喧騒から離れた閑静なエリアで、おしゃれなカフェやレストランが集まる代官山のようなスポット。...
あわせて読みたい
日本人が知らないフィリピンポップスの魅力 フィリピンのポップミュージックを知っているだろうか。 ピノイポップやP-popなどと呼ばれ、日本人には馴染みがないが、ハイレベルで聞き応えのある曲が多い。 高い歌唱...
あわせて読みたい
GCQ中のMRTに乗ってケソン市へ行ってきた マニラ首都圏には3つの路線が走っている。 LRT(Light Rail Transit)・MRT(Metro Rail Transit)・PNR(Philippine National Railways)。 今回はその中でも最も混雑...
目次
閉じる