映像クリエイターとしてセンスを磨く3つの方法

最近まで映像クリエイターとして働いていた。

ほぼ未経験での転職だったため、いろいろと苦労した。

特にセンスのなさが一番の問題だった。

でき上がったものを上司に見せると「センスないねー」と毎回のように言われた。

当時は本当に落ち込んで、自分のセンスに自信を持てなかった。

今でもセンスがあるとは言えないが、映像クリエイターとして働く中で多くのことを学んだ。

今回はその経験から、センスがない人がセンスを磨く方法を3つ書いてみる。

センスを磨く3つの方法

インプットを増やす

まず最初に大切なのは、とにかくインプットすること。

経験の浅いクリエイターは、圧倒的にインプットが足りていない。

しかも、そのことに自分では気づいていない。

僕自身もインプットが足りていないんて、一切考えたことはなかった。

また、ただなんとなく見ているだけでは、有効なインプットにはならない。

少しでも仕事に使えそうな部分はないか、クリエイター目線で見ることが重要。

インプットなくして、いいアウトプット、センスのあるものは生み出せない。

クオリティーの高いものに触れる

インプットに関わって大切なのが、クオリティーの高いものに触れるということ。

センスのあるものを作るには、センスのあるものをインプットするのが重要。

しかし、新人の頃はクオリティーの高いものを判断する基準が育っていない場合がある。

そういう場合は、センスのある人や上司に「参考にしている作品はありますか?」と聞くといい。

最初の頃は教えてもらっても、何がいいのかピンとこないかもしれない。

しかし、クオリティーの高い作品に触れ続けていくと、少しずつ分かってくるようになる。

その感覚が自分の中に育っていけば、確実にセンスは磨かれる。

センスのある人の真似をする

3つ目は、センスのある人の真似をすること。

仕事のやり方からはじまり、趣味や考え方まで真似してみる。

新人が一番早く仕事ができるようになる方法は、仕事ができる人の真似をすること。

これはセンスも一緒。

初心者にかぎって自分のセンスに頼ろうとするが、それは間違い。

シンプルに、センスのある人の真似をすること。

それが嫌いな上司であっても、センスを磨くためにはプライドを捨てることが必要。